株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

4月13日午後からお支払い手続きが一部変更になりました。
ご利用いただく前に「お支払いについて」をご確認ください。

本文用紙の定番・上質紙の使い方

本文用紙の定番・上質紙の使い方

資料集、論文集、教科書、テキスト、同人誌など、幅広く活躍するのが「上質紙」です。価格も安く、さらさらしたプレーンで自然な質感で、どんな用途の冊子にも違和感なく使える紙です。

上質紙の特徴

上質紙は、簡単に言うとコピー用紙をイメージしてもらえれば良いです。プレゼン資料や講習会資料など、ビジネスシーンでは定番の紙です。オフィスによっては再生紙などのややグレーがかった薄い紙を使っていることも多いですが、印刷用の上質紙は純白です。

コート紙やマットコート紙のような、チラシやポスターに使われるようなつるつるした紙は表面が薬剤でコーティングされていますが、コート紙の表面には何も塗布されておらず、パルプの自然な質感が活かされています。

それ故に、コート紙やマットコート紙に比べるとフルカラー印刷の発色が劣りますが、写真集やパンフレットやカタログなど、写真の色にシビアな冊子でない限り、クオリティに問題はないでしょう。少なくとも、家庭用のプリンターやオフィス用のコピー機で印刷するよりは綺麗な色に仕上がります。

書き込み可能な紙

上質紙の使いやすさとして、「鉛筆で書き込みができる」という点があります。つるつるしたチラシに鉛筆で書き込もうとしてうまく色がつかなかったことはありませんか?鉛筆や色鉛筆、パステルやクレヨンなどは、紙に擦ることによって顔、料を含んだ細い粒子が紙の繊維にひっかかり、紙に色がついたように見えます。

コート紙は紙の繊維の表面をコーティング剤で覆ってしまっているので色がつきにくく、油性ペンでないときれいに書き込みができません。しかし上質紙はパルプがそのまま表に出ているので、鉛筆でもクレヨンでも書き込みができます。もちろん水性ペン、油性ペン、ポールペンの書き込みも可能です。

つまり、教科書やテキストやワーク、問題集、資料集など、書き込みをしながら使う冊子の本文は必ず上質紙である必要があります。

上質紙のは厚さでイメージが変わる

紙は厚さによっても印象が変わります。新聞の折り込みチラシもショップカードも同じ種類の紙ですが、厚い方が高級感、重厚感がでます。ただ、冊子の本文としては厚すぎると捲りにくくなるので、バランスが大事です。

上質紙は55Kから135Kまで用意しています。最も薄い55Kはコピー用紙よりもさらに薄いくらいで、レシートや新聞紙くらいの厚さです。200Pを超えるような大量ページ数の冊子を作る時に、少しでも本を軽くしたい時に使いましょう。

本文として最も一般的なのは70Kです。

ページ数が少ない冊子なら、90Kくらいの厚さを使ってもいいでしょう。綴じると重くなりすぎるので、基本的にページ数の多い冊子にはあまり厚い紙を使いませんが、少ないページ数でもリッチな雰囲気に見せたい時は、90Kを使います。110Kは切符くらいのしっかりした質感になるので、メニュー表や楽譜におすすめです。

上質紙のは厚さでイメージが変わる

取り扱いのある用紙の種類について


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

出荷予定カレンダー

原稿確定日をクリックしてください。
※受付時間: 12:00 (正午) 
この時間を過ぎると翌営業日の受付となります
※原稿確定日:ご入稿いただいたデータが印刷可能な状態であることを指します。
※試し刷りを選択された場合、見本ご確認後お返事いただいた時点で「原稿確定」となります。

2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2020年6月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

入稿・入金完了日がの場合

超特急コース(2営業日)
特急コース(3営業日)
標準コース(5営業日)
ゆったりコース(7営業日)
超ゆったりコース(10営業日)

の発送になります
の発送になります
の発送になります
の発送になります
の発送になります

・超特急コース(2営業日)
    の発送になります
・特急コース(3営業日)
    の発送になります
・標準コース(5営業日)
    の発送になります
・ゆったりコース(7営業日)
    の発送になります
・超ゆったりコース(10営業日)
    の発送になります

以下は別途日数をいただく場合があります
・見返し加工を行う場合
・PP加工を行う場合
・部数やページ数が極端に多い場合
・データに不備がある
・ご注文が混み合っている時期
・土曜日、日曜日、祝日は含まれません

かんたんお見積もりフォームはこちらから

ご注文・お見積もりはこちらから