株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

仕様変更のご依頼手続きが変更になりました。こちらを事前にご確認ください。

格安で作れる無線綴じ冊子とは?

格安で作れる無線綴じ冊子とは?無線綴じとは、本部用紙を表紙でくるんで特殊な糊で留める製本方法のことです。

文庫本やムック、ファッション誌、漫画など、多くの書籍が無線綴じでできています。

中綴じや平綴じとの大きな違いは「背表紙」ができることです。印刷所では特殊な機械できれいにまっすぐな背表紙を作れるので、そこにタイトルや著者名などを入れれば本棚に入れた時も見つけやすく、扱いやすい冊子になります。

無線綴じの製本価格

ポピュラーな製本方法なので、価格は特別高いものではありません。通常は中綴じと大差ない価格設定ですが、イシダ印刷では時期によって無線綴じ割引キャンペーンも実施しているので、他の製本方法よりぐっと格安で作れることもあります。お見積りページで確認してみましょう。

イシダ印刷の冊子製本見積もりフォーム

ページ数の多い冊子は無線綴じ一択

中綴じや平綴じは紙を重ねて針金で留めるので、ページ数が多いと強度が弱くなり、また開きにくい冊子になってしまいます。ページ数が40を超える冊子なら無線綴じを選択した方が無難です。

無線綴じのデータはノドに注意

冊子を作る際は、紙の「右・左」ではなく「ノド・小口」を意識しながら入稿データを作ると読みやすい冊子になります。ノドとは、本文を綴じている方の紙の端のことです。

中綴じは見開きいっぱいに開きますが、無線綴じは背を糊で固める際に全てのページのノドの部分がコンマ数ミリ接着され、見開きを開いても見えなくなります。さらに、ページ数が多いと紙の厚みでノドはさらに開きにくくなるので、隠れる部分が多くなります。

適切な余白を設定する

実際に見えなくなるのは数ミリですが、紙がノドに向かって吸い込まれていくので、文字をノドの近くに配置すると非常に読みづらいです。イラストや写真の背景など、多少見えなくなっても問題のない部分ならノド付近にあってもいいのですが、文字やロゴ、人物の顔は避けましょう。

ページ数の少ない冊子でも、ノドは最低15mmは空けましょう。ページ数が50ページを超えるようなら20mm100ページを超えるなら25mmは必要です。

余白が多い、すっきりと上品な印象の冊子にしたいなら、マージンをさらに増やすと良いです。

原稿を作る時に適切な余白(マージン)を設定し、そこからはみ出さないように作るのが肝心です。Wordは余白内にしか文字が流し込めないようになっているのでその点は安心です。「フォーマット」から「文書のレイアウト」で余白を設定できます。

原稿を作る時に適切な余白(マージン)を設定

IllustratorPhotoshopなど、自由度が高いソフトでデザインをする際は、最初に自分でガイドを作成し、そこオブジェクトがはみ出ないように気をつけましょう。


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

本日ご注文で最短8月20日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから