株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

101部以上のオンデマンド印刷、値下げしました!

洋書の定番・ペーパーバックとは? 使い方と作り方

ペーパーバックとは、紙製の表紙を用いた本のことです。ボール紙に布や紙が巻かれた表紙の「ハードカバー」に対して「ソフトカバー」と呼ばることも多いです。

ペーパーバックは無線綴じ

ソフトカバー、ペーパーバック、無線綴じ、くるみ製本、並製本は同じ製本方法を指します。

ソフトカバー、ペーパーバック、無線綴じ、くるみ製本の違いとは?

針金や糸を使わず、本文を表紙用紙でくるんで、背表紙を糊で圧着する方法です。

大量のページ数を綺麗にすっきり綴じられるこれらの製本方法は、論文集、小説、資料集、テキスト、会社案内など多くの冊子に用いられています。

背表紙に文字を印刷する

印刷業界、とりわけネット印刷では大抵「無線綴じ」という言葉が使われます。

ペーパーバックが作りたい時は「無線綴じ」と覚えておきましょう。

イシダ印刷でも、お見積もりフォームから「無線綴じ」を選ぶことで注文できます。

無線綴じ冊子の選び方

「ペーパーバック」といえば洋書

日本の出版界では、カバーのない並製本の洋書に対して使用されることが多いです。

オフセット印刷が発達する前は、書籍は羊皮紙や布を使用した装飾性の高いハードカバーの表紙が使われるのが一般的でした。しかし紙と印刷技術が安価に使えるようになって、ドイツやイギリス、アメリカなどで安価な小説が出版されるようになりました。日本に輸入される洋書の多くはペーパーバックです。

洋書のペーパーバックはやや長い110mm×178mm~114mm×178mm程度の大きさです。表紙は大抵目を引くフルカラー印刷で、タイトルに箔押しが使われていることも多く、安価ながらデザイン性の高さも魅力です。

洋書っぽく作るコツ

洋書のペーパーバックの特徴は、文庫本より大きく単行本よりやや小さいそのサイズでしょう。国や出版社によって微妙に違います。新書版が一番近いですが、仕上がりにこだわりたい方は、真似したいペーパーバックのサイズを測ってカスタムサイズで注文しましょう。

カスタムサイズ

本文は、純白よりクリーム色や灰色がかったラフな質感の紙が使われることが多く、イシダ印刷の本文用紙ラインナップの中では「モンテシオン」や「ラフ書籍」などがおすすめです。

オプションで箔押しやPP加工を選ぶとよりペーバーバックらしい雰囲気が出ます。

日本ではコミック、文庫、新書で大活躍

日本の出版物の場合、無線綴じはコミックや文庫、新書で活躍している製本方法です。しかしそれらは大抵カバーがかけられていて、軽装本といえどもそれなりにコストがかかっています。カバーのない無線綴じは、雑誌やムック、リトルプレスなど、実用的な書籍や発行部数の少ない書籍に多いです。

また、コンビニエンスストアで人気先の漫画を廉価版として再版する際に、ペーパーバック仕様にすることが増えています。一見、漫画雑誌と似ていますが、少し小ぶりに作られています。そういうものはコンビニコミックと呼ばれることが多いです。

 

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短10月5日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから