株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

全国送料¥0 1冊から注文可 業界最安値

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

奥付に「イシダ印刷」で500ポイントプレゼント!

無線綴じと中綴じの使い分け

無線綴じと中綴じの使い分け
イシダ印刷が取り扱っている製本方法は、無線綴じと中綴じと平綴じの三種類あります。用途や予算によって適切に使い分けましょう。

無線綴じ

「無線綴じ」は、ページを重ねて背の部分を接着剤で固め、表紙用紙でくるんで固定する製本方法です。文庫本や漫画の単行本、漫画誌、ファッション雑誌など、書店に並んでいる本のほとんどはこの綴じ方です。背を糊で固める工程を「背固め」といいますが、特殊な接着剤と、紙を固定する機械を使わないとページがすぐにばらばらになってしまうので、なかなか自家製ではうまくいかない、本格的な製本方法です。その仕上がりは美しく、印刷所に冊子制作を依頼する醍醐味を味わえます。

中綴じと平綴じ

「中綴じ」と「平綴じ」は、どちらも針金を使う製本で、「中綴じ」は二つ折りにした紙の中心を留める方法、「平綴じ」は重ねたページの端を留める方法です。「平綴じ」は薄いものなら市販の小さなホチキスでもできるので、ご家庭や職場などで平綴じの冊子を手作りしたことのある方も多いでしょう。平綴じは簡易的な印象で、会議資料や学会用の資料、講習会のテキストなどに適しています。

「中綴じ」は、ページの真ん中を針金で留めるので、大きなホチキスを使うことになります。ページ数の少ないパンフレットや週刊誌、会社案内などでよく使われている製本方法です。丈夫で、開きやすく、扱いやすい製本です。無線綴じの次によく普及している綴じ方でしょう。中綴じは簡易的な冊子にもよく使用しますが、長期保存をするようなパンフレットや、コンサートのプログラムなど、フォーマルな印象の冊子にも使える、オールマイティな形式です。

無線綴じと中綴じのコスト

カンタンお見積から、作りたいページ数とサイズを入力して、無線綴じと中綴じを選択して価格の違いを見てみましょう。すると、価格は同じか、無線綴じの方が高くなります。無線綴じの方がどうしても手間がかかるので、中綴じよりはコストはかかります。少部数なら大した違いにはなりませんが、部数が大きくなるとその価格の差は予算に響いてくるでしょう。なるべく安価に素早く作りたい、会議資料などの場合は中綴じや平綴じでスピーティに作った方がよいでしょう。

また、16ページ以下の少ないページ数の場合は、せっかく無線綴じにしても背が出にくく、無線綴じの美しさが出にくいので、中綴じや平綴じにしておくことをおすすめします。逆に、100ページを超えるような冊子はそもそもホチキスの針で留められないので、選択肢は無線綴じのみとなります。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 フリーダイヤル:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

納期で選べる! 短納期も対応

納期で選べる! 短納期も対応

奥付に「イシダ印刷」で500ポイント

奥付に「イシダ印刷」で500ポイント

【2月28日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから