株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

強い冬型の気圧配置で大雪、路面の凍結、交通規制等の影響で
全国的に配送に遅れが生じております
何卒ご了承くださいませ

無線綴じの書籍作りで失敗しないための重要ポイント

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

無線綴じの書籍作りで失敗しないための重要ポイント

書籍の製本方法で、代表的なのは中綴じと無線綴じです。どちらも安価で丈夫なポピュラー製本方法なので、ページ数によって使い分けます。中綴じは見開きを重ねて二つ折りにして真ん中を針金で留める製本方法なので、40ページを超えると針金で支えきれなくなり、またページも膨らんで不格好になります。

無線綴じは単ページを重ねてノドを特殊な糊でまとめて接着する製本方法です。あまり少ないページ数だと背表紙が狭すぎて不格好なので、40ページ以上を推奨しています。

つまり、ページ数の多い冊子は無線綴じ一択です。イシダ印刷では最大800ページまで綴じることができます。

心地よく読める無線綴じの書籍を作るには?

無線綴じはページ数が自由なので、小説や論文集、テキスト、ビジネス書、教科書などの長い読み物に最適です。ページ数の多い書籍を作る時は「読みやすさ」を一番に考えなくてはいけません。折角良い内容が書いてあっても、紙の質感や文字、余白などが読みにくいと読者が途中で離れてしまいます。

文字の大きさは8pt~9ptの間で、行間は文字サイズの50%から70%くらいが読みやすいですが、好みにもよります。

読みやすい本を見つけたら、文字の大きさ、余白の広さなどを測ってみると良いでしょう。小さな違いが読みやすさを大きく変えます。

ノドの余白を多めにすると失敗しない

無線綴じ冊子の読みやすさを考える上で、最も重要なのはノドの余白を多めにとることです。

無線綴じは中綴じやリング製本と違って、見開きが180度しっかり開きません。ノドのあたりの紙が丸まって、ノドが数ミリ見えなくなります。

ノドの余白を多めにすると失敗しない

ページ数が増えると、紙の厚みによってさらに見えにくくなります。特に縦書きの場合、ノドの余白が少ないと一文が丸々見えなくなるということになってしまいます。

ページ数が少ない冊子なら10mm程度の余白でも見えますが、50ページを超えるなら15mm、100ページを超える場合は20mmあると安心です。

 

捲りやすい紙、目に優しい紙

読み物はページの捲りやすさが大事です。程よい薄さで、指に馴染みやすい質感の紙が用いられます。また、目に優しい色合いも大事です。イシダ印刷では、まさにその条件を満たした「書籍用紙」というジャンルの紙を3種類用意しています。

  • 書籍用紙
  • ホワイト書籍(ソリストホワイト)
  • ラフ書籍(ラフクリーム琥珀)

書籍用紙、ホワイト書籍、ラフ書籍の特徴

書籍用紙はどれも薄っすらとクリーム色の地色がついていて、モノクロの文字とのコントラストを下げて目の疲労を和らげます。

どれも程よい薄さで指馴染みのいい滑らかな質感です。ラフ書籍はその名の通りその他の書籍用紙に比べるとやや凸凹したラフな質感です。ホワイト書籍は、淡いクリーム色が控えめで、オフホワイトです。あまり黄色っぽいのは好みではないという場合はこちらを使いましょう。

3つの書籍用紙の詳しい比較についてはこちらもご覧ください。

書籍用紙、ソリストホワイト、ラフクリーム琥珀の比較

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短2月7日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから