株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

仕様変更のご依頼手続きが変更になりました。こちらを事前にご確認ください。

無線綴じ冊子を格安で注文できるコツ【印刷価格をチェック!】

無線綴じとは

ページ数の多い冊子は無線綴じ

無線綴じとは、本の背を製本用の特殊糊で固めて綴じる製本方法です。本文を重ねて表紙でくるんで、ホットメルト(製本糊)と設備を用いて圧着して製本します。針金や糸を使わない方法なので「無線」綴じといいます。くるみ製本ともいいます。

背表紙のある直方体の本格的な本、冊子に仕上がります。教科書や文庫、写真集など冊子印刷や出版、商業印刷の幅広いカテゴリーで無線綴じ製本は使われています。

 

ページ数の多い冊子、書籍に最適な無線綴じ

無線綴じの優れたところは、ページ数の多い本、冊子を美しく丈夫に製本できる点です。

無線綴じは800ページの分厚い冊子、書籍も耐久性を保ってしっかりと製本できます。(イシダ印刷は6~800ページの無線綴じ製本に対応しています。)
ページ数が増えると背幅も広くなり、背表紙にタイトルなどをデザインして印刷できます。

 

一点、ページ数が多くなると、ノド(ページの綴じ側)が数mm隠れます。文字が読みづらくならないよう、ページの内側に15~25mmの余白を設けて原稿データを作成しましょう。

無線綴じの余白は「ノド」に注意!余白は何mmに設定すればいい?

 

無線綴じ以外の製本方法に、中綴じがあります。
中綴じは見開きのページを二つ折りにして、真ん中を針金で留める製本方法です。パンフレットや資料、取扱説明書など少ないページ数の冊子、軽量に仕上げたい冊子に適しています。

中綴じはページ数が多いと強度が落ち、ページがふくらみ見栄えも悪くなるので40ページ程度が製本できる限界です。また、中綴じはページ数を4の倍数にするルールがありますが、単ページずつ重ねて綴じる無線綴じは偶数ページならOKです。

無線綴じとは、本の背を糊で固めて綴じる製本方法

 

無線綴じ冊子を安く注文できる5つのコツ

印刷製本は注文する仕様や、納期によって印刷価格が変わります。無線綴じ冊子をより安く注文できるポイントは次の5つです。

 

1.納期を長く取る

印刷は納期が長いほど安くなり、短いほど高くなります。
使う紙も印刷のクオリティも同じでも、納期が長くなれば印刷価格が半分程度になることもあります。早めに原稿を仕上げて入稿できれば、印刷費を大幅に抑えることができます。

予定が変わったり、急いで仕上げたい印刷には短納期での注文となりますが、なるべく納期を長くとれるようスケジュールを調整したいところです。

イシダ印刷は2営業日から10営業日まで5つの納期コールを設定しています。やはり、納期が長いほどどんどん安くなります。割引キャンペーンも実施しておりますので、ホームページをチェックしてみてください。

冊子印刷の「納期」「締め切り」とは?料金との関係も比較して解説

 

2.カラーページを最小限に抑える

カラー印刷より、モノクロ印刷の方が安くなります。
カラーかモノクロかで印刷価格は大きく変わります。

全ページモノクロ印刷、または本文の「カラー・モノクロ混在印刷」でカラーページを指定して注文すると、全ページフルカラー印刷より安く注文できます。

本文のカラー、モノクロ混在印刷で損していませんか?半額以下も可能!イシダ印刷の独自価格

 

3.薄い紙を選ぶ

印刷に使う用紙は、基本的に薄い紙の方が安くなります。
ページ数やサイズとのバランスを取りつつ、同じ用紙でも薄い紙を選ぶと印刷価格が安くできます。

紙の厚さはKで表します。
例えば、上質紙70K、110K、135Kと数字が大きくなるほど厚みが増し、価格も高くなっていきます。
(一部、価格の高めの薄い紙があります)

また、小さいサイズやページ数の多い冊子に厚みのある紙を使うと、めくりづらい固い本になってしまいますので、注意が必要です。

イシダ印刷の取り扱い用紙一覧

 

4.オフセット印刷とオンデマンド印刷を使い分ける

100~150部以下はオンデマンド印刷、100~150部以上はオフセット印刷が1冊単価が安くなります。

これはそれぞれの印刷方法の特性によるもので、オンデマンド印刷は少部数、オフセット印刷は大部数をコストを抑えて印刷できます。

オフセットとオンデマンドの印刷価格を比較!安くなるポイントを解説

 

5.PDFで入稿する

PDF形式のファイルで入稿すると、割引になるネット印刷があります。(イシダ印刷は通常価格から10%OFF!)
Wordやillustrator、InDesignで作成したデータを、PDFファイルに変換・保存して入稿しましょう。

PDFファイルはどの端末で見ても同じレイアウトで表示され、画面で見た通りに印刷されます。レイアウトの崩れや文字化けのトラブルも防ぐ、便利なファイル形式です。

WordからPDFへ変換方法とPDF入稿の印刷価格【安全&安い】

InDesign、Illustrator PDF書き出しトラブル解決法【フォント、色味】

 

無線綴じ500冊を格安で注文すると1冊あたりいくら?

無線綴じ冊子の一冊あたりの単価は、ページ数や部数によって変わります。

無線綴じ冊子を安く注文できる5つのコツを取り入れた印刷価格はいくらになるか見てみましょう。

 

例えば、A4の無線綴じ冊子50ページ500部なら1冊あたり131.4、合計65,714円です。※2020年7月現在(通常価格、税込、送料無料)

 

  • サイズ  : A4
  • 部数   : 500部
  • 本文ページ数 : 50ページ
  • 製本方法 : 無線綴じ
  • 表紙   : コート紙135K/カラー
  • 本文   : 上質紙70K/モノクロ
  • 納期   : 超ゆったりコース(10営業日)
  • PDF入稿
  • オフセット印刷

 

かんたんクイック見積り

A4 無線綴じ
表紙:コート135K / カラー片面
本文:上質70K / モノクロ

リンク後、カラー印刷等仕様の変更が可能です

ページ数
部数
最安値に挑戦中!  61,114  円 (税込)

リンク後、仕様の変更、お見積書のダウンロード(PDF)やご注文が可能です。
キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

激安価格の無線綴じ冊子 価格例

 

他の用紙や部数、オプション加工を使った印刷価格は3分でわかる!かんたん無料自動お見積もり&ご注文でチェックできます。

  1. 1冊から1冊単位でご注文できます
  2. 最短2営業日出荷 7日、10日と納期が長いほど安い!
  3. 本印刷前の「先行試し刷り」
  4. PDF入稿は10%OFF!
  5. 全国送料無料

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!



「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

本日ご注文で最短8月20日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから