株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

画像の形式について 1

・画像の形式に注意

wordで学会誌や会議資料を作ったり、Illustratorで作品集やアルバムを作ったり、冊子印刷にはパソコンでの作業が欠かせなくなっています。パソコンで原稿を作成する時は、文字を打ち込むだけではなく、図や写真、イラストなどを使用することが多いでしょう。デジタルカメラやスマートフォンで撮った写真、スキャナーで読み込んだイラスト、インターネットからダウンロードしたフリー素材などの「画像データ」を扱うことになりますが、「画像データ」には様々な保存形式があり、それぞれ特色が違います。画像の形式を理解していないと、編集ソフトに配置できなかったり、画質が悪くなってしまったり、思うようなレイアウトが出来なかったりと、思わぬトラブルを引き起こすことがあります。

・最もポピュラーな保存形式、JPEG

最もよく使われているのがJPEGという保存形式です。JPEGはJoint Photographic Experts Groupの略称で、拡張子は「.jpeg」「.jpg」等です。

約1,677万色のフルカラーで、なおかつ圧縮率が高くデータ容量が小さいので、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した画像の保存形式としてよく採用されています。ホームページやブログ、フェイスブックやツイッターにアップしたり、メールで送受信したりと、誰でも手軽に扱えるポピュラーな画像形式です。IllustratorやInDesign等のレイアウトソフトだけでなく、wordやpowerpoint等、大抵の編集ソフトで扱えます。高精彩の写真も表現できるので、 商業印刷のDTPデザインでもよく使用されます。webでも印刷でも使用できる、最も汎用性の高い形式と言えます。

自分で冊子の原稿を作る時はもちろん、人に写真データを要求された時も、JPEGで保存すれば大抵のソフトで開けるので問題が起きません。

 ・JPEGは上書き保存で画質が劣化する

使い勝手が良く、表現力も高いJPEGですが、一つ大きな欠点があります。それは、編集、保存を繰り返すと画質が劣化するということです。

劣化のコピー

図の上が加工前、下がPhotoshopで高圧縮率で保存しなおしたものです。

JPEGは非可逆圧縮を行なうため、一度色やサイズを変更して保存するとデータが省略され、もとに戻せません。何もしなくても、Photoshop等の画像ソフトで「上書き保存」「別名保存」をするだけで圧縮されて画像が劣化していきます。画像を使用するレイアウトを決めたら、サイズや色調の変更はなるべく1~2回で済ませるようにしましょう。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから