株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

仕様変更のご依頼手続きが変更になりました。こちらを事前にご確認ください。

花ぎれ、小口とは? 本の各部13の名称

書籍や冊子には各部分の呼び名があります。
印刷製本の専門用語で、本の加工についての用語も含まれます。それぞれの特徴を知ることで、本作りのアイデアが生まれ、装丁は本全体の美しさや高級感を高めます。
また、印刷会社とのやり取りもスムーズになることでしょう。

 

本の各部分を表す用語・名称

本の構成要素

① 花ぎれ

背の接着面に貼り付けた布。「花布」とも書く。
補強のために付けられていたものだが、現在は主に装飾用。

 

② しおり(スピン)

布製のしおりです。花ぎれと背の間に糊付けされています。
「スピン」とは日本独特の呼び方で、英語ではブックマークまたはブックマーカー。

 

③ 天

本の上部分

 

④とびら(扉)

全体を「章」などで分けた場合、その前後をわけるために入れるページ(用紙)。
一般的にタイトルや見出しなどが印刷される。

イシダ印刷では扉のオプション加工についての記事はこちらです。
本の扉(とびら)って何?役割や使い方のコツ~オプション加工について知ろう(1)~

 

⑤小口(前小口)

本を開く側の手前部分

 

⑥ 地

本の下部分

 

⑦背

本を綴じてある部分で本の背中、外側。

背幅は表紙と本文の用紙の種類、ページ数によって変わります。

 

無線綴じ冊子用に、本文・表紙の種類、本文のページ数を選択すると背幅(mm)を自動表示するツールです。
背幅のデザイン、原稿作りにご利用ください。

背幅の計算ツール

 

⑧のど

本の綴じ側。小口の反対部分

 

⑨⑬見返し(効き紙、遊び)

表紙と本文の用紙をつなぐ部分に接着される紙。一般的には表紙や本文とは違う色の紙を使用される。
「効き紙」は表紙側に貼り付ける部分、「遊び」は本文側の貼り付けていない方の部分を指す。
イシダ印刷では「色上質厚口」「色上質特厚口」「上質70K」「上質90K」の4種類から遊び紙を選べます。

冊子を補強する「見返し加工」とファイリングに便利な「穴あけ加工」 ~オプション加工について知ろう(4)~

 

⑩かど

表紙の隅の直角部分。
通常は90度に仕上げるが、丸くする「角丸」「丸隅」や、洋装書などに施されることがある革やクロースを貼り付けた「角革」、金属を貼った「角金」などがある。

⑪カバー

表紙を覆うようにかけられる紙。
本の印象を決める役割が大きく、デザインや質感にこだわりが求められる場合が多い。
「ジャケット」とも呼ぶ。

 

⑫帯

表紙の上に巻く細い紙。
本のキャッチコピーや推薦文など宣伝文句を書く。
書店に流通させる場合には必要。通称「腹巻き」。

 

本には、意外に多くの名称が付けられた部分があります。
本の加工技術が発達し、技工を凝らした装丁も生まれ、美しい本を仕上げることができるようになりました。

 

イシダ印刷で取り扱いのある加工には、扉や見返し、穴あけ以外に「片面PP加工」や「片袖折り」があります。
下記の記事で詳しく紹介しています。

書籍、冊子づくりの参考にしてみてください。

地図や年表を見やすくする「片袖折り」 ~オプション加工について知ろう(2)~

より高級感のある仕上がりにする「片面PP加工」 ~オプション加工について知ろう(3)〜


プロと一緒に プロにまかせて【入稿データ作成代行サービス】

自分史や会報、写真集などの本・冊子の入稿データ作成を文字入力から承っております。
お客様は本が届くまで待っているだけ!
「データの作り方がわからない」「時間がない」を経験豊富なDTPデザイナーと専任アドバイザーが、まるごと解決します。 詳しくはこちらのページをご覧ください。


かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

本日ご注文で最短12月3日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから