株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

誌面デザインにおける文字の基本 その1

学会誌や会議資料、小説など、文字が中心となる冊子を作る場合、きちんと考えなければいけないのが文字の大きさや書体です。

読みにくい大きさ、書体の文字がずらずらと続くと、どんなに良い文章でもなかなか頭に入ってきません。ここではDTP(デスクトップパブリッシング)デザインにおける文字の基本的な扱い方を見ていきます。illustratorやInDsignを使う人にとっては勿論必須の知識ですし、word等のoffice系ソフトを使う方も基本を押さえておくときれいな冊子が作れます。

・フォントの基本的な作り

wordやillustratorで使われる「MSゴシック」「MS明朝」「小塚ゴシック」「小塚明朝」等のDTP書体(ウェブページやパソコンのデスクトップ画面に表示されている様々な書体も同じです)は、基本的に全角和文が同じ形の正方形にきれいに収まるようにデザインされています。この正方形を「仮想ボディ」といいます。かな文字は並べた時のバランスによって多少調整してありますが、基本的に同じ形の正方形が並んでいることによって、一行がきれいな直線になって見えるのです。

文字の大きさのことはエディトリアルデザインの世界では「文字天地」と言い、文字の「高さ」で表現します。

 

印刷文字

・ptという単位について

文字の大きさを表現する単位は主に「pt(ポイント)」「級(キュー)」「mm(ミリメートル)」の3つがあります。

最も広く使われている単位は「pt(ポイント)」で、wordの初期設定でも文字の大きさは「pt」で表現されています。

現在のDTPのソフトウェアの世界では、1pt = 1/72inchが一般的です。1inch = 25.4mm なので、1ptは25.4/72 mm、すなわち約0.352mmくらいです。しかし、ポイントは複数の地域や時代に様々なシステムで使われ出したため、同じ1ptでも微妙に大きさが違うこともあるのです。例えば、ヨーロッパで使われているディドー・ポイントは 1pt が約0.376mmです。アメリカンポイントは1ptが約0.351mm。僅かな違いなので肉眼ではほとんどわかりませんが、外国のソフトで作られたデータを扱う時は注意が必要です。

日本国内では全て1pt = 1/72inchと考えて問題ありません。

DTPの世界では、印刷に適した一番小さい文字は6ptとされています。これ以上小さくなると、細かい漢字の細部が印刷で再現されなかったり、肉眼で見えなかったりするので注意しましょう。一般的な本文の文字サイズは8~11くらいがいいでしょう。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから