株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

誌面デザインにおける文字の基本 その4

フォント(書体)には、定番のゴシック体や明朝体以外にも、筆文字や手書き風文字など様々な個性的なフォントがあります。

お手持ちのフォントで、作りたい冊子デザインのイメージの合うものがなかった場合、是非ネットで検索してみてください。「フォント かわいい」や「フォント 手書き」等で検索すると、無料のものから有料のものまで、様々なフォントがヒットします。

・タイトルフォントと本文フォント

沢山の魅力的なフォントがありますが、闇雲に好きなフォントを使っていては統一感のある冊子になりません。特に論文集や会議資料等では、あまり遊びのきいたフォントは使わない方がいいでしょう。

そして、書体には本文に適したフォントと、タイトルに適したフォントがあります。どのフォントが本文用、タイトル用と決まっている訳ではなく、デザインする人の好みによりますが、概ね以下のことが言えます。

本文書体

・細め~中くらいのゴシック体、明朝体

タイトル書体

・太いゴシック体、明朝体、その他のデザイン書体

図でいうと、一番上の二行が本文書体でよく使われる太さです。小さくても読みやすく、長文を読んでも目が疲れません。また細めのゴシック体や明朝体はニュートラルな印象なので、文章の内容に余計なイメージを与えません。太いゴシックや明朝体は力強い雰囲気が出てしまいますし、長文になると目が疲れます。太字は主に見出しやタイトル、強調したい箇所に使用されます。

細いゴシック体や明朝体をタイトルに使用する場合もあります。本文と十分な余白を開けたり、大きくしたりして配置すれば十分タイトルとしての存在感が出ます。細字だけでレイアウトした冊子は全体的に上品でモダンな印象になります。

太いゴシック体、明朝体、その他のデザイン書体

 ・特殊なフォントを使う時に注意点

筆で書いたような行書体、勘亭流などの江戸文字、丸みを帯びた丸ゴシックなど、個性的で魅力的なフォントが沢山ありますが、会議資料や論文集、小説などではほとんど使用する機会はありません。卒園アルバムや記念誌など、写真やイラストが中心の楽しいレイアウトの時にあれこれ使ってみると楽しいでしょう。こういった個性的なフォントを使う場合、ひとかたまりの文字数は200文字以内に抑えるのが無難です。

タイトルや見出しだけファンシーな書体を使って、長い本文や細かい注意書き、キャプション等はプレーンなゴシック体や明朝体を使うと、読みやすくメリハリのきいたデザインになります。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 フリーダイヤル:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから