株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

誌面デザインにおける文字の基本 その3

・色々なフォント

フォント(書体)には様々な種類があります。使用しているOSやソフトによってインストールされているフォントの種類は違いますし、モリサワフォントやフォントワークスが発売している有料フォント(広告、出版など商業印刷の場でよく使用されています)、インターネット等で配布されているフリーフォントなど、世の中に溢れているフォントは数え切れないくらいです。

・ゴシック体と明朝体

数あるフォントの中でも定番なのが「ゴシック体」と「明朝体」で、ほとんどの出版物はゴシック体か明朝体のいずれかのフォントを中心に作られています。

ひとくちに「ゴシック体」「明朝体」といっても、色々なプロダクションが多数のバリエーションを開発しています。大抵のPCで表示される、MSゴシック、MS明朝、小塚ゴシック、小塚明朝、ヒラギノゴシック、ヒラギノ明朝等は、様々な書類で使用されていますし、ゴシック体と明朝体の文字詰めや仮想ボディの大きさが同じなので、ゴシックから明朝、明朝からゴシックへ変更したい時にレイアウトが崩れないので便利です。他にも最近よく見かけるようになってきたゴシック体の「メイリオ」、ホームページでもよく使用される「OSAKA」など、定番のフォントだけでも沢山あります。丸みを帯びたデザインからかっちりとしたデザインまで、よく見るとそれぞれ個性があるので、好みに合わせて選びましょう。会議資料や論文種など、あらかじめフォントが指定されているケースもあるので注意しましょう。

・ゴシック体と明朝体の形の違い

ゴシック体と明朝体の形の違い

明朝体の特徴は線の右端と角の右肩に三角形の山(ウロコ)があることです。また、漢字の横線が細く縦線が太いのも特徴です。クラシカルな雰囲気が出るので、小説や詩集、記念誌等でよく使用されます。

ゴシック体にはウロコがなく、線の太さは漢字もかなも均一で、統一感があります。どんな環境でも読みやすく、ホームページでもよく使用されています。

「ウロコ」は英字フォントの場合は「セリフ」といい、セリフ書体、ゴシック系の欧文書体は「サンセリフ書体」と呼びます。

MSや小塚のフォントセットには、ゴシックならセリフ書体、明朝体ならサンセリフ書体がセットになっているので、一つの書体を選択したまま和英統一感のあるデザインになります。英文のみのフォント(欧文フォント)で有名なのは、Times New Roman等の、縦線が太くセリフのある書体。ややかっちりとしたクラシカルな印象になり、論文や報告書でよく使用されます。サンセリフ書体ではArialやHelvetica, Futuraなどが代表的で、細字から太字まで様々なバリエーションがあります。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから