株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

仕様変更のご依頼手続きが変更になりました。こちらを事前にご確認ください。

読みやすいのは「縦書き」か「横書き」か? ~冊子づくりのポイント(2)~

読みやすいのは「縦書き」か「横書き」か? ~冊子づくりのポイント~

縦書きと横書き、両方あるのはなぜ?

日本は、文字を書き進める方向(書字方向)が「縦書き」と「横書き」とが混在する世界的にみてもかなり特殊な文化の国です。
というのも、世界のほとんどの国は「縦書き」もしくは「横書き」のどちらかに統一されており、「横書き」が主流の国が大半です。

 

日本に文字が入ってきたのは邪馬台国の時代、3世紀ごろには確実であったのではといわれており、中国から漢文が伝えられました。いわゆる「漢字」です。

漢字が伝わる以前は「神代文字」と称されるさらに古い表記があったとされていますが、はっきりとしていません。

 

漢字は縦書き専用であったため、そのまま縦書きが採用されていったと思われます。その後、日本独自のひらがなやカタカナが生まれますが、そのまま縦書きが使われていました。
江戸時代以降は欧米文化、ローマ字が入るようになり、横書きも使われるようになりました。

また、日本語と英語などを組み合わせて使用することも増えたため、横書きが使われる機会も増えていったようです。しかし、縦書きが極端に減ることはなく、現代でも縦書きと横書きは併存しています。

 

これほど欧米文化が取り入れられている日本でも、縦書きが廃れないのはなぜなのでしょう?それはやはり日本語の文章の中には漢字が多く使われているため、慣れ親しんだ縦書きの方が読みやすいと感じる、というのもひとつの理由でしょう。

本の内容に合わせて書字方向を決めて、読みやすさアップ!

基本的な書き字方向は下の図のように、冊子の綴じ方向(右綴じ/左綴じ)と合わせて、読者の目線で文章の読みやすい方を選択します。
書き字方向と綴じ位置

●ブログの小説化、書籍化のとき

インターネットを見ているパソコンやスマートフォンで読んでいる、そのままの形態で書籍化することも増えてきました。

ネットで公開していた時の主な読者が10代~30代前半くらいの年齢層であれば、画面そのままの「横書き」の方が読みやすく、また、同じ画像やデザインで世界観をつなげられる効果もありますね。

 

●自分史や同人誌を自分で作るとき

一から原稿、文章をつくって一冊にまとめる時、「縦書き」にするか「横書き」にするか、悩まれる場合があるかもしれません。

おすすめの決め方の一つに、文中のローマ字の使われ方、使用頻度で書字方向を決める方法があります。

 

英文やIT用語などローマ字が多用されている文章は、縦書きにすると読みづらく、レイアウトが困難になります。

縦書きの中に文字数の多い英単語が出てきた場合、多くはそのまま本を横にして読むように文字を寝かせたような状態で表記します。
tate-yoko

ひと文字ずつ縦に並べてしまうと、短いスペルの英単語なら縦書きでも問題ありませんが、長いスペルや頻出する場合は大変読みづらくなってしまいます。

もし、自分史や同人誌などで横文字(英単語)が多くなる場合は「横書き」を基本に、読みやすいレイアウトを考えてみましょう。

 

前回の「右綴じ?左綴じ?どっちにすればいい?~冊子づくりのポイント(1)~」では書字方向から本を綴じる位置の決め方ついて書きましたが、原稿を書いて、印刷用のデータにして、印刷・製本して本になるまでには決めなければならないことは案外多いのです。

 

このブログでは「読みやすい本を作る」「作りたい本を作る」コツを色々とご紹介していきます。本作りのお供に、ぜひ参考にしてみてください。

~冊子づくりのポイント~ 他記事一覧

今すぐ試せる!印刷費用を安くする5つの方法~冊子づくりのポイント(3)

せっかく本をつくるなら豪華に見せたい! ~冊子づくりのポイント(4)~

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

出荷予定カレンダー

原稿確定日をクリックしてください。
※受付時間: 12:00 (正午) 
この時間を過ぎると翌営業日の受付となります

※原稿確定日:ご入稿いただいたデータが印刷可能な状態であることを指します。
※試し刷りを選択された場合、見本ご確認後お返事いただいた時点で「原稿確定」となります。

2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

入稿・入金完了日がの場合

超特急コース(2営業日)
特急コース(3営業日)
標準コース(5営業日)
ゆったりコース(7営業日)
超ゆったりコース(10営業日)

の発送になります
の発送になります
の発送になります
の発送になります
の発送になります

・超特急コース(2営業日)
    の発送になります
・特急コース(3営業日)
    の発送になります
・標準コース(5営業日)
    の発送になります
・ゆったりコース(7営業日)
    の発送になります
・超ゆったりコース(10営業日)
    の発送になります

以下は別途日数をいただく場合があります
・見返し加工を行う場合
・PP加工を行う場合
・部数やページ数が極端に多い場合
・データに不備がある
・ご注文が混み合っている時期
・土曜日、日曜日、祝日は含まれません

かんたんお見積もりフォームはこちらから

ご注文・お見積もりはこちらから