株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

論文印刷の最適な設定「余白・フォントサイズ・用紙」

論文を読む人のために、最適な設定で印刷する論文のような情報量の多い長い文章は、印刷した紙の冊子で読みたい人が多くいます。

しかし、ネット印刷や印刷会社を使ってきれいに印刷製本された論文も、「残念な設定」のために読みにくくなってしまっていることがあります。

冊子になって読む論文の原稿は、読むのに適した設定でデータを作って、見た目にも洗練された美しい論文に仕上げましょう。

卒論、論文の印刷製本を注文する―価格の目安、表紙と本文におすすめの用紙


余白をしっかりとる 基本15mm、20~25mmあれば◎!

読者に文章を読んでもらうには余白がとても大切です。
紙の端まで文字がぎっしり並んで、ページ全体に埋まっているような文字組みでは、読むのを負担に感じて後回しにしてしまいたくなりますね。

 

論文はA4かB5での印刷が大半かと思いますが、A4かB5のページの余白は最低でも四方15mmは必要です。
長文が何ページも続くなら、20~25mm以上あってもよいです。

Wordは初期設定で20mm程度の余白が設定されています。

論文印刷にも選ばれる無線綴じ製本の場合、ノド(ページの内側)の綴じこまれている部分は文字が読みづらくなります。四方15mmを基本に、50ページ以上は20mm、100ページ以上は25mmの余白があると余裕があり、問題なく読みやすい論文になります。

 

余白を減らして文字数を増やすとページ数を少なくできますが、読みにくくならないように余白はしっかり残しましょう。

 

関連記事:無線綴じの余白は「ノド」に注意!余白は何mmに設定すればいい?

 

本文のフォントサイズは9~11pt

パソコンやスマートフォンの文字サイズは、ディスプレイのサイズによって変わります。
ディスプレイではちょうどよく見えていても、印刷すると大きかったり小さかったりします。フォントサイズの原寸を把握しておきましょう。作成途中の原稿や同じ設定の文書を一度プリントアウトして、実際に目で見てみるのをおすすめします。

 

概ね、本文で読みやすいフォントサイズは9~11ptくらいです。

フォントサイズと実寸の目安は次の通りです。

本文サイズとして読みやすいのは9~11ptくらい

9ptは本文のフォントサイズとしては小さめで、会社案内やパンフレットなど、ビジュアル要素の多い冊子向きです。

論文は10ptか10.5pt程度で書かれることが多いでしょう。
タイトルや見出しなどは、本文より大きいフォントサイズを設定します。本文と明確に差別化するために、タイトルや見出しには本文より少なくとも2pt以上の差をつけてを使いましょう。

 

関連記事:

印刷して読みやすい文字(フォント)のサイズは?【本・冊子・テキスト】

Wordで使うおすすめフォント 文章が読みやすく美しいフォントは?

 

失敗しない論文の本文用紙の選び方

論文を印刷する時のおすすめは上質紙です。
さらさらした質感の白いプレーンな紙で、ノートやコピー用紙と同じ手触りです。筆記性も高く、鉛筆や水性ペンでの書き込みもできます。
商業印刷をはじめ、幅広い冊子の本文に使われています。

厚さは70Kがちょうど薄手のコピー用紙と同じくらい、もう少し厚みをもたせたい時は90Kを使います。

 

モノクロの文字やグラフが中心となる論文は、カラー印刷向きのコート紙をあえて使う必要はありません。高級だからといって読みやすくなるわけではなく、テキスト系の冊子に適した紙を選ぶことが重要です。
イシダ印刷の取り扱い用紙一覧

 

関連記事:

上質紙とは?特徴や印刷の仕上がり、質感ー安くて使い勝手のいい超メジャー用紙

【上質紙で冊子印刷】オンデマンド印刷は安い?少部数の価格を見積もりしてみました


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。


かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短10月26日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから