株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

101部以上のオンデマンド印刷、値下げしました!

A4無線綴じ冊子|用途、印刷費の目安、紙選びやデータ作成について徹底解説

冊子印刷で最も多く発注される「A4サイズの無線綴じ冊子」について、用途や印刷費、紙選び、データ作成について詳しく解説します。

A4無線綴じ冊子の主な用途

無線綴じ冊子

A4の大きさは210mm×297mm。
コピー用紙でも主流のサイズで、ビジネスや教育、普段のくらしでもよく使われているA4は、文書作成においてもWordやPowerPointのテンプレートが豊富で、資料やテキストに使われています。

背表紙のある無線綴じ冊子もA4サイズなら、デスク周りや本棚で書類やファイルと並べやすく、整理しやすいサイズです。
A4無線綴じ冊子には、次のような用途があります。

  • 会社案内
  • 資料
  • カタログ
  • パンフレット
  • 教科書
  • テキスト
  • 作品集、写真集
  • 記念誌
  • 論文

写真やイラスト、図表などビジュアルを広い紙面にレイアウトできるA4は上記のような様々な冊子で採用されています。
論文もA4で指定される冊子ですが、学校や団体によっては指定サイズが異なります。論文執筆の前に規定を確認しましょう。

 

イラスト集や写真集など、ビジュアルを大きく印象的にに見せたいクリエイティブな冊子にもA4サイズがおすすめです。
見開きの大きさはA3になり、ダイナミックな構図で表現できます。

 

無線綴じ製本の特徴

無線綴じ冊子

数ページから数百ページまで製本できる無線綴じは冊子印刷で定番の製本方法です。

無線綴じは、本文の束のノド(綴じ側)を特殊な製本糊で固めて、表紙用紙と一緒に固定する製本方法です。「並製本」「くるみ製本」とも呼ばれます。平らな背表紙ができて、綺麗な直方体の冊子に仕上がります。

 

中綴じ平綴じと比べて大きく違うのは、ページ数が多い冊子もしっかり丈夫に製本できる、背表紙のある本格的な仕上がりです。
商業出版でも使われていて、カバー見返しなど追加できる装丁・加工の多さも無線綴じならではです。イシダ印刷では4~800ページまでの無線綴じ冊子を印刷製本できます。

 

A4無線綴じ冊子の紙選び

印象がガラリと変わる!紙選び

幅広いシーンで活躍するA4無線綴じ冊子は、表紙、本文に使う紙選びで印象ががらりと変わります。
読みやすい紙、デザインやイメージに合った紙、ページ数に合った厚みの紙など冊子の用途に適した紙を選んで、冊子の完成度を高めましょう。

 

「上質紙」資料集、テキスト、プレゼン資料、論文集

上質紙は表面加工が施されていない、さらっとしたプレーンな白色の紙です。
鉛筆や水性ペンでの書き込みにも適しています。冊子印刷の定番用紙で価格も安く、印刷費のコスト削減にもなります。純白で厚みも豊富でTPOを選ばず使える紙です。

 

「コート紙、マットコート紙」会社案内、カタログ、パンフレット

データに忠実なカラー印刷には、発色の良いコート紙やマットコート紙がベターです。
表面に微細なエンボス加工が施されたマットコート紙は光沢が抑えられて、派手になりすぎないので、会社案内や報告書などのビジネス向け冊子でも人気があります。

 

「レザック」「和風の紙」アルバム、記念誌、追悼集の表紙

「レザック 」は文集、アルバム、句集の表紙によく使われています。
革のような皺模様のエンボス加工が特徴で、クラシックな高級感のある紙です。色展開も豊富で(イシダ印刷は26色)、タイトルをモノクロ印刷するだけでデザインが格好良く決まります。

和紙とケント紙を貼り合わせた「新・清流」や、小花模様のエンボス加工が可愛らしい「江戸小紋 はな」もおすすめです。

 

「書籍用紙」「モンテシオン」自費出版や同人誌をちょっとオシャレに

小説や句集など、じっくりと読む本には、目が疲れにくいクリーム色の地色のついた「書籍用紙」がおすすめです。
漫画には、画用紙に似たざらざらした質感の嵩高の紙「モンテシオン」も人気があります。

 

イシダ印刷では冊子の表紙や本文に使う紙を、シンプルで安価な上質紙、クラシカルで上品な書籍用紙、カラー印刷に適したコート紙、質感や風合いに個性のある様々な用紙など幅広くお選びいただけます。

取扱い用紙

 

無線綴じのデータ作成

ノド

無線綴じの製本工程で、糊が付くのは本文の束(折丁)の端1mmにも満たない部分ですが、ページ数が多くなればなるほど、見開きのノド(ページの綴じ込み側)は端まで見えにくくなります。

 

 ノドが内側から何mm隠れるかは、ページ数、本文用紙の種類、厚みなどによって微妙に変化しますが、どんなにページ数の少ない冊子でも15mm程度は余白が必要です。ノドの余白が狭いと、文章が内側に傾き、読みづらくなります。

 50ページ以上なら20mm100ページ以上なら25mmは開けておくと、すっきりと洗練された読みやすい紙面になります。

無線綴じの余白は「ノド」に注意!余白は何mmに設定すればいい?

 

背表紙の幅

ページの多い厚みのある無線綴じ冊子には背表紙にタイトルや著者名を印刷できます。

文字を印刷する背表紙は、3mm以上の背幅が望ましいです。
5mm以上の背幅があれば、より視認しやすく読みやすい文字サイズで印刷できます。

背表紙は何ページからできる?背幅は何mm必要?【無線綴じ冊子の製本】

 

背幅を自動計算できるツール

無線綴じの冊子の表紙データは、背幅を計算して「表紙(表1)+背表紙+裏表紙(表4)」の寸法を確認して作成します。
背幅はページ数だけでなく、表紙用紙と本文用紙の種類と厚みによって変わります。

背幅計算ツールで背幅をかんたんに調べることができます。

背幅計算ツール

背表紙入稿データ作成方法(無線綴じ冊子)

 

表紙のデータ作成

無線綴じの表紙のデータは、「表紙(表1)+背表紙+裏表紙(表4)」をひとつながりにした「見開き」で作るとわかりやすく、入稿の間違いも防止できます。

例えば背幅5.5mmのA4冊子(210mm×297mm)では「横425.5mm×縦297mm」がひとつながりのサイズです。横の長さは210mm × 2 と背幅5.5mmを足した数です。

 

表1、表4、背表紙の境界線を実線で書いておくとレイアウトに便利ですが、実線は印刷されてしまいます。データには実線で境界線を書かないように注意しましょう。

表紙データをllustratorやPhotoshopで作成するときは、境界線を印刷されない「ガイド」を引いてデザインしましょう。

IllustratorやPhotoshopを使う方は、印刷されない「ガイド」を使ってレイアウトしましょう

無線綴じ冊子の入稿データ作成方法

 

A4無線綴じ冊子 印刷費の目安

モノクロ印刷のA4無線綴じ冊子

モノクロのA4冊子

論文集や資料集、マニュアル、講習会のテキスト、プレゼン資料など、文字が主体となるモノクロ印刷の本文用紙には、安価でメジャーな上質紙がおすすめです。

 

また、無線綴じの表紙には本文全体を支える強度が必要なので、本文よりも厚い紙を選びましょう。
本文と同じ上質紙で厚手のものや、厚みのある色上質紙、高級感のあるレザック、マットコート紙などもおすすめです。

  • A4タテ
  • 無線綴じ
  • 60ページ
  • 本文 上質紙70K/モノクロ
  • 表紙 色上質紙 最厚口(色:うぐいす)/モノクロ
  • オフセット印刷

かんたんクイック見積り

A4 無線綴じ
表紙:色上質最厚口 / モノクロ片面
本文:上質70K / モノクロ
ページ数
部数
最安値に挑戦中!  44,217  円 (税込)

リンク後、印刷仕様の変更(用紙や色数など)、
お見積書PDFのダウンロードやご注文が可能です。
キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

 

フルカラーのA4無線綴じ冊子

フルカラーのA4冊子

写真やイラスト、色文字を鮮やかに印刷して、デザイン性のある訴求力の高いフルカラー印刷のA4冊子は、会社案内、カタログを始めPRやクリエイティブな冊子に最適です。
印刷費はモノクロ印刷より高くなりますが、そのぶん表現力に優れた、視覚効果のある冊子を制作できます。

 

フルカラー印刷には、発色の良い塗工紙(コート紙やマットコート紙)がおすすめです。

  • A4タテ
  • 無線綴じ
  • 60ページ
  • 本文 マットコート90K/カラー
  • 表紙 マットコート135K/カラー
  • オンデマンド印刷

かんたんクイック見積り

A4 無線綴じ
表紙:マットコート135K / カラー片面
本文:マットコート90K / カラー
ページ数
部数
最安値に挑戦中!  134,276  円 (税込)

リンク後、印刷仕様の変更(用紙や色数など)、
お見積書PDFのダウンロードやご注文が可能です。
キャンペーン期間中は割引価格を表示しております。

 

他の用紙や製本方法、オプション加工を使った冊子印刷の価格は3分でわかる!かんたん自動お見積もり&ご注文でチェックできます。ぜひお試しください。

  1. 最短2営業日出荷 7日、10日と納期が長いほど安い!
  2. 1冊から1冊単位でご注文できます
  3. 本印刷前の「試し刷り」
  4. PDF入稿は10%OFF!
  5. 全国送料無料

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!



「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

 

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短7月14日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから