株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

Acrobat Proの印刷設定「合わせる」とは?印刷ページとページサイズの設定方法

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

PDFを印刷するのは簡単ですが、いくつか注意しておきたいポイントがあります。

この記事では、Acrobat Proを用いたPDFファイルの印刷方法と、たいていの印刷設定に出てくる「合わせる」機能についての注意点を紹介します。

 

*以下の画像はすべてAcrobat Proの印刷設定画面になります。

 

プリンターを選択する

〈ファイル〉→〈印刷〉を選択すると、印刷ダイアログボックスが開きます。

印刷ダイアログボックス

 

 

Acrobat Proの印刷設定では、下図のような項目を指定できるようになっています。

Acrobat Proの印刷設定

 

〈プリンター〉から接続可能なプリンターを選択します。

AcrobatPro接続可能なプリンター

 

「印刷するページ」と「ページサイズ処理」を設定する

〈印刷するページ〉と〈ページサイズ処理〉を決めます。

 

印刷ページの範囲を指定するときは、「ページ指定」をチェックして、印刷する初めと終わりのページ番号をハイフン(−)で結びます。

 

〈ページサイズ処理〉には「合わせる」という項目がありますが、これは「何に」合わせているのでしょうか? この機会にはっきりさせておきましょう。

Acrobat Pro ページサイズ処理

 

「ページサイズ処理」の「合わせる」は何に合わせている?

〈ページサイズ処理〉で「合わせる」を選んでみると、右側のプレビュー画面が変わりました。

文書が140%拡大され、サイズはA4(210mm×297mm≒209.97×297.03ミリ)になっています。

Acrobat Pro〈ページサイズ処理〉で「合わせる」

 

そこで、印刷ダイアログボックス左下にある〈ページ設定〉を見てみると、用紙サイズにA4が指定されていました。

印刷設定ではこのサイズに合わせていたようです。

Acrobat pro 文書のサイズを指定した用紙サイズの方に合わせる

 

つまり、印刷設定の〈ページサイズ処理〉に出てくる「合わせる」とは、文書のサイズを指定した用紙サイズの方に合わせる機能だということになります。

 

上の例では「文書サイズ<用紙サイズ」、文書サイズ(139mm×212mm)より、用紙サイズ(A4:210mm×297mm)が大きい設定でしたので、文文書サイズが拡大されて用紙サイズに合わせられました。

 

文書サイズの設定が用紙サイズより大きい場合

それでは「文書サイズ>用紙サイズ」、文書サイズの方が大きい場合(用紙サイズが小さい)の設定も調べてみましょう。

 

〈ページサイズ処理〉で「合わせる」から「実際のサイズ」に変更します。

右側のプレビューでは余白が大きくなりましたが、これは〈ページ設定〉でA4を指定しているためです。これを文書サイズ(139mm×212mm)よりも小さい用紙サイズに変更します。

Acrobat Pro〈ページサイズ処理〉で「合わせる」から「実際のサイズ」に変更

 

ダイアログ左下にある〈ページ設定〉でB6を指定します。

Acrobat Pro〈ページ設定〉の方でB6を指定

 

右側のプレビュー表示に影がつきました。

AcrobatPro プレビューに影

 

これは実際の文書サイズ(139mm×212mm)よりも、指定した用紙サイズ(B6:128mm×182mm)が小さいため、このままでは印刷されない領域があることを示しています。

 

「合わせる」で文書サイズと印刷範囲を合わせる

ここで、もう一度〈ページサイズ処理〉で「合わせる」を選択すると、B6サイズぴったりにプレビューが更新され、文書サイズが用紙サイズに合わせて縮小されたことがわかります(倍率83%)。

AcrobatPro 文書サイズが用紙サイズに合わせて縮小

 

プリンターの設定にも注意

以上の方法で、任意のサイズを指定して印刷することができますが、プリンターで設定している用紙サイズと、Acrobatの〈ページ設定〉で指定した用紙サイズが異なっていると印刷できません。

その際は、プリンター側の設定を変更するか、指定したサイズの用紙がプリンターに正しくセットされているか確認してください。

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短6月26日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから