株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

4月13日午後からお支払い手続きが一部変更になりました。
ご利用いただく前に「お支払いについて」をご確認ください。

IllustratorとInDesignの違い、本・冊子はどっちを使えばいい?

IllustratorとInDesign、何が違う?

IllustratorとInDesignは、どちらもAdobe社の提供するソフトウェアで、広告、出版などデザインやDTP業界で広く活用されている、とてもスタンダードなツールです。
プロの現場でも、Illustratorをメインで使うデザイナー、InDesignをメインで使うデザイナーと分かれており、制作物やクライアントの要望、職場のルールによって変わります。

どちらもAdobe社のサイトから購入、ダウンロードできます。
販売価格はIllustrator、InDesignとも同じです。
Illustratorの購入
InDesignの購入

 

  • Illustratorは、グラフィックやイラストをベクターデータで作成、レイアウトできるドローソフト。デザインパーツや、ロゴ、ポスター、チラシ、看板などを印刷やWEB、動画など様々なメディアに制作できます。
  • InDesignは、複数ページのレイアウト、組版、文書全体の書式設定ができるDTPソフト。書籍、雑誌、カタログや報告書、電子書籍など印刷、デジタル両方のページレイアウトができます。

 

ページ数の多い書籍、冊子の制作には、illustratorよりも、InDesignの方が使い勝手が良く、効率的に、また本格的にデータ作成できます。

 
Illustrator、InDesignどちらも文字の流し込み、図形の作成、画像の配置、透過やドロップシャドウの基本的な効果など、冊子のレイアウトに必要な機能は揃っています。作れるものは、ほぼ同じと考えていいでしょう。
しかし、決定的に異なる、書籍や冊子制作に重要な機能があります。

 

ページ管理の機能があるInDesign、ないIllustrator

IllustratorとInDesignの大きな違いは、「ページ管理ができるか、できないか」です。

 
InDesignはページ管理に特化しており、一つのファイルで複数ページにまたがって書式設定ができ、テキストの流し込みも自動でページが増減します。PDF出力も1ファイルにまとまります。
その点、Illustratorは1ページごとのデータ作成になり、複数ページに共通の修正ができません。PDF出力もページ数の数だけ書き出しが必要です。

 

少ないページ数のパンフレットならIllustratorでも制作できますが、冊子や書籍のデータ作成にはInDesignが向いています。

ページ数の多い冊子の制作に適しているInDesign

InDesignの大きな利点は、ページ管理のしやすさです。

InDesignは書籍、冊子を作ることを前提としたDTPソフトなので、最初に綴じ方や余白を設定し、統一されたレイアウトのページを作れるようになっています。

ページ数の多い冊子に適しているのはInDesign

InDesignの機能を生かした冊子制作

InDesignはページ数を簡単な操作で増やせます。
Wordのように文章の長さに応じて自動的にページを増やす「自動流し込みの機能」は、論文集、テキスト、教科書など文章が中心の冊子はInDesignが格段に作業が楽です。小説ならInDesign一択です。

 

ファイルサイズも軽く、ページ数が増えてもソフトが固まりにくく、扱いやすいのもInDesignを使うメリットです。

 

多くの出版社も、本文のページレイアウトにInDesignを使用しています。

 

グラフィカルで自由なレイアウトにはIllustrator

ポスターやチラシなど、広告制作で使われているのはIllustratorです。

会社案内やパンフレットなど、ページごとにレイアウトが大きく変わったり、イラストや特殊効果を使いたいデザインにはIllustratorが向きます。

 

パスの編集はIllustratorの方が操作性が良く、3Dや透明など効果の種類も豊富で、グラフィカルなページはIllustratorで作るのが一般的です。

Illustratorのデータ作成は、アートボードという自由に大きさの変形できる用紙を設定し、基本的に1ファイルにつき1枚のレイアウトを作成します。

文字中心ならInDesign、グラフィカルなデザインにはIllustrator

IllustratorのデータをInDesignで使う

InDesinはIllustratorファイルをリンク配置することができます。JPEGやPSDなどの画像も、もちろん配置できます。

 

ページ数の多い冊子で、文章が中心のページとグラフィカルなページが混在している場合、ベースとなるデータはInDesignで作成し、イラストやグラフ、地図などのグラフィック要素をIllustratorで作成してInDesignに配置すると、作業が効率的です。
 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。


かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

出荷予定カレンダー

原稿確定日をクリックしてください。
※受付時間: 12:00 (正午) 
この時間を過ぎると翌営業日の受付となります
※原稿確定日:ご入稿いただいたデータが印刷可能な状態であることを指します。
※試し刷りを選択された場合、見本ご確認後お返事いただいた時点で「原稿確定」となります。

2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2020年6月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

入稿・入金完了日がの場合

超特急コース(2営業日)
特急コース(3営業日)
標準コース(5営業日)
ゆったりコース(7営業日)
超ゆったりコース(10営業日)

の発送になります
の発送になります
の発送になります
の発送になります
の発送になります

・超特急コース(2営業日)
    の発送になります
・特急コース(3営業日)
    の発送になります
・標準コース(5営業日)
    の発送になります
・ゆったりコース(7営業日)
    の発送になります
・超ゆったりコース(10営業日)
    の発送になります

以下は別途日数をいただく場合があります
・見返し加工を行う場合
・PP加工を行う場合
・部数やページ数が極端に多い場合
・データに不備がある
・ご注文が混み合っている時期
・土曜日、日曜日、祝日は含まれません

かんたんお見積もりフォームはこちらから

ご注文・お見積もりはこちらから