株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

IllustratorやIndesignからのPDF入稿 1

PDF について

PDFはPortable Document Formatの略称で、原稿を作成したソフトの種類に関わらず、オープンソースのソフト(Adobe Acrobat readerなど)で閲覧できるファイル形式です。IllustratorやIndesignなどのレイアウトソフトだけでなく、wordやExcelなど様々なアプリケーションから「別名保存」や「書き出し」でPDFに書きすことが出来ます。

例えばWordやExcelのデータやりとりする場合、ソフトのバージョンやインストールされているフォントの種類が違うことによってレイアウトが崩れてしまいますが、PDFなら画像、レイアウト、書体など、どの端末でも作成したとおりの形で閲覧する事が出来ます。

容量も軽くなるのでメールで書類をやりとりする際にも重宝します。

PDF/X

PDFはメールでの送付、閲覧に便利なだけでなく、印刷の入稿データとしても信頼できます。

IllustratorやIndesignなどのレイアウトソフトは、PDFを書き出す際に様々な設定を選べるようになっています。ここで閲覧用の容量の軽い設定ではなく、印刷に適した設定を選ぶように注意しましょう。

印刷用のPDFとしてはISO(国際標準化機構)で定義されたPDF/Xを使うのが安心です。

PDF/XはPortable Document Format Exchangeの略称で、印刷の工程でエラーが出ないように設定されています。

Illustratorの場合、別名保存からPDFで保存を選択します。

Illustratorの場合、別名保存からPDFで保存を選択

一番上のAdobe PDF プリセットのプルダウンメニューを開くと、「Illustrator初期設定」以下、様々なプリセットが出てきます。プリセットとは、様々な設定値の組み合わせのことです。3つめ以下のPDFX1aからがPDF/Xのプリセットです(ソフトによって表記は微妙に違います)。バージョンによって、サポートしている内容が違います。

プリセットとは、様々な設定値の組み合わせのこと

PDF/X1a

・使用可能な色 CMYK+ 特色

・透明効果は分割・統合しなくてはいけない

PDF/X3(X1aの後継)

・使用可能な色 CMYK+ 特色+RGB

・透明効果は分割・統合しなくてはいけない

 PDF/X4

・使用可能な色 CMYK+ 特色+RGB

・透明効果も使用可能

印刷は長らくPDF/X1aが主流でしたが、ドロップシャドウや透明などの効果を解釈できないので、透明効果を使った場合はアピアランスを分割して画像にして埋め込んだりしなければいけませんでした。さらに、色はCMYKと特色しか使用できないのでリンク画像なども全てCMYKにしないとPDFに変換できませんでした。

しかしPDF/X4からは大きく変わり、ドロップシャドウ、ぼかし、透明効果など、すべて使用したまま入稿用PDFに書き出すことが出来るようになりました。様々な効果を使っているデザインデータの場合、PDF/X4で書き出せばほぼ問題ないでしょう。

冊子印刷 / 製本の 仕様価格例

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

入稿データの作成10%OFF

入稿データの作成10%OFF

【8月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから