株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

最大35%OFF & 無線綴じ製本代50%OFF!!
大好評につき延長!4月20日(月)まで

PDF変換したら白い線が出る原因は透明効果?対処方法を解説【Illustrator,InDesign,Word】

誌面デザインに大活躍「透明効果」

会社案内、カタログ、テキストなど、企業発行の冊子では随所に「透明効果」を使ったデザインが多く採用されています。
表現や訴求の幅を広げ、グラフィックデザインを面白くする透明効果には、様々な種類があります。

 

【ドロップシャドウ】
図形が宙に浮かんでいるような影をつける

 

【透明】
写真や文字ボックスを半透明に重ねる

 

【光彩】
発光しているようなボカシの色をつける

 

などなど、表紙だけでなくちょっとした説明ページにも使いたくなる効果です。

 

今ではIllustratorやInDeignだけでなく、WordやPowerPointでもドロップシャドウや透明効果が使えますが、テキストや単純な線や色と比べるとかなり描画が複雑なので、パソコンのスペックが低かった一昔前はほとんど使われていませんでした。
ここ十数年でパソコンの処理能力が高くなり、アプリケーションの機能も充実し、透明効果も急速に浸透してきました。

 

透明効果の印刷トラブル

しかし、これらの透明効果をつけたデータをPDFに変換した時や、プリンターで印刷した時に問題が起こりやすいことはご存知でしょうか?

 

モニターで綺麗に表示できても、プリンター側で透明効果を計算できなかったりして、DTPの世界では何かと悩みのタネでした。
最近はアプリケーションもプリンターも全てが進化し、問題が起きることはほとんどなくなりましたが、透明効果を沢山使っているデザインは、グラフィックの細部まで念入りに最終チェックを行いましょう。

 

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

 

透明効果を付けたデータをPDF変換したら、白い線が入っている?

PDFに白い線が入っている?

図のように、透明効果を付けたデータをPDF変換したら、うっすらと白い線が見えることはありませんか?

 

この白い線が出る原因は、PDFに変換する際に透明効果を分割したためです
「透明効果を分割」とは、透明のオブジェクトを不透明のオブジェクトに変換することです。

 

上の図は、青い四角にシャドウ付きの半透明の青い四角が乗っていますが、「透明効果を分割」はこれらを1つの画像として処理して表示するのです。
その際、全てのオブジェクトが綺麗に一枚の画像になれば問題ないのですが、効果が複雑な場合、オブジェクトが複数のパーツに分かれて描画されます。

上の図の場合は、ドロップシャドウのかかっている範囲で画像が一旦切れて、白い隙間が見えています。

 

透明効果→PDF変換で、白い線が入った時の対処方法

この白い隙間は、印刷してみると綺麗にくっついていて、白い線は出ないことがほとんどです。

 

PDFの表示で白い線を消す

Acrobat readerの場合

● 「環境設定」を開き「分類」から「ページ表示」を選択

● 「レンダリング」の中の「画像のスムージング」のチェックを外すと、白い線が消えます。

PDFに出た白い線を消す

 白い線が消えない場合は

これでも白い線が消えない場合は、印刷に反映される可能性があるので、PDFファイルを作り直しましょう。
具体的な対処方法は、透明オブジェクトを不透明オブジェクトにして白い線が出ないようにします。

 

● 透明効果をIllustrator上でラスタライズする

● オブジェクトをコピーしてPhotoshopで開き、1枚の画像にしてから再配置する

 

など、透明オブジェクトを不透明オブジェクトにしてから印刷、または入稿すると安全です。


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

 

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大35%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

出荷予定カレンダー

原稿確定日をクリックしてください。
※受付時間: 12:00 (正午) 
この時間を過ぎると翌営業日の受付となります
※原稿確定日:ご入稿いただいたデータが印刷可能な状態であることを指します。
※試し刷りを選択された場合、見本ご確認後お返事いただいた時点で「原稿確定」となります。

2020年4月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

入稿・入金完了日がの場合

超特急コース(2営業日)
特急コース(3営業日)
標準コース(5営業日)
ゆったりコース(7営業日)
超ゆったりコース(10営業日)

の発送になります
の発送になります
の発送になります
の発送になります
の発送になります

・超特急コース(2営業日)
    の発送になります
・特急コース(3営業日)
    の発送になります
・標準コース(5営業日)
    の発送になります
・ゆったりコース(7営業日)
    の発送になります
・超ゆったりコース(10営業日)
    の発送になります

以下は別途日数をいただく場合があります
・見返し加工を行う場合
・PP加工を行う場合
・部数やページ数が極端に多い場合
・データに不備がある
・ご注文が混み合っている時期
・土曜日、日曜日、祝日は含まれません

かんたんお見積もりフォームはこちらから

ご注文・お見積もりはこちらから