株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

仕様変更のご依頼手続きが変更になりました。こちらを事前にご確認ください。

Photoshopでカラー画像をモノクロ変換する3つの方法

モノクロ印刷は、フルカラー印刷に比べると印刷価格がぐっと安くなります。

 

モノクロ印刷が安い理由は、インクの色数と印刷工程にあります。
フルカラーは4色でモノクロは黒1色、印刷工程もモノクロの方が少なく、トータルでコストを抑えた印刷ができるのがモノクロ印刷だからです。冊子印刷の価格で大きなウェイトを占めるのは本文の印刷料金で、本文印刷をモノクロにするだけで大幅なコストダウンになります。

今すぐ試せる!印刷費用を安くする5つの方法

 

イラストや写真をレイアウトしたページはフルカラーで見せたいものですが、予算の都合でモノクロ印刷にせざるを得ないこともあるでしょう。

しかし近年、印刷技術がどんどん進歩して、モノクロ印刷も繊細な表現ができるようになっています。写真やイラストなど、フルカラーの印象を損ねないようにモノクロに変換すれば、綺麗に印刷できます。

今回はモノクロ印刷のデータ作成で必要な、カラー画像をモノクロ変換する方法をPhotoshopで説明したいと思います。

 

指定したページだけをカラー印刷にできる本文のカラー・モノクロ混在印刷なら、フルカラーより低価格でカラーページのある冊子が印刷できます。

本文のカラー、モノクロ混在印刷で損していませんか?半額以下も可能!イシダ印刷の独自価格

 

Photoshopでカラー画像をモノクロ、グレースケールにする方法は3つ

Photoshopでカラー画像をモノクロ、グレースケールに変換する方法

1. グレースケールに変換する

2. 作業用グレーを選択する

3. 彩度をゼロにしてからグレースケールに変換する

Photoshopで画像をカラーからモノクロに変換する3つの方法の手順、設定を解説していきます。

 

①グレースケールに変換する

Photoshop グレースケールに変換する

「グレースケールに変換」は一番かんたんな方法です。
まず、元画像とは別に、変換する画像を「別名保存」します。グレースケールに変換すると元のカラーモードに戻せないからです。

 

別名保存した元画像を開き、メニューの「イメージ」から「モード」→「グレースケール」を選択して変換します。

「カラー情報を破棄していいですか」というメッセージが出ますが、OKで大丈夫です。

カラーモードを「グレースケール」に変換

 

どんな画像に「グレースケールに変換」を使えばいい?

「グレースケールに変換」は少しコントラストが低めの、フラットな印象の仕上がりになります。
人物の写真や街並みにちょうどいい感じですが、派手な色合いの元画像だと、少し物足りなく感じるかもしれません。変換後の画像を見て、適宜明るさやコントラストを調整しましょう。

コントラストの調整はグレースケールに変換後の画像でも可能ですが、カラーの元画像でコントラストを調整した方が色の情報量が多く、さらに細かく調整できます。

 

②「作業用グレー」を選択する

Photoshop 「作業用グレー」を選択する

2番目はメニューの「編集」から「プロファイル変換」→「作業用グレー」を選択する方法です。これも作業前に元画像とは別に、変換する画像を「別名保存」しておきます。

「作業用グレー Dot Gain 15%」を選択すると、①「グレースケールに変換する」と似たイメージになりましたが、コントラストが若干くっきりしました。

「編集」の「プロファイル変換」で「作業用グレー」を選択する

作業用グレー

 

グレーのプロファイルは「Dot Gain」「Gray Gamma」など数種類あります。
数値の違いによってカラーをグレーに変換するプロセスが微妙に違うので、色々試してみましょう。

グレーのプロファイル

 

「彩度」をゼロにしてからグレースケールにする

Photoshop 「彩度」をゼロにしてからグレースケールにする

3番目は、少々手間がかかりますが、一度画像の彩度をゼロにしてからグレースケールにする方法です。
作業前に元画像とは別に、変換する画像を「別名保存」しておきましょう。

 

フルカラーの元画像をメニューの「イメージ」から「色調補正」→「色相・彩度」で彩度を-100にします。すると、見た目がグレースケールになります。

この状態で「グレースケールに変換する」と同じように、メニューの「イメージ」から「モード」→「グレースケール」を選択します。

一度画像の「彩度」のゼロにしてからグレースケールにする

一度画像の「彩度」のゼロにしてからグレースケールにする

 

①「グレースケールに変換する」、②「作業用グレーを選択」より、葉っぱの色の濃さが際立っていますが、黄色とオレンジの境目がわかりにくくなって花びらの様子が見えなくなってしまっているところも。

元画像によって向き不向きがあるので、イメージや好みに合わせて使い分けましょう。

 

さらに、印刷用にカラー画像を白黒(グレースケール)に綺麗に変換する方法では、Photoshop CS3以降の機能で色の系統別に出力量(色の濃さ)を調整できる「白黒」コマンドを紹介しています。
元のカラー画像の色合いや質感を反映させることができ、モノクロの表現がグッと豊かになります。


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

本日ご注文で最短12月3日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから