株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

仕様変更のご依頼手続きが変更になりました。こちらを事前にご確認ください。

PhotoshopでPDF形式で入稿する方法・設定【イシダ印刷のPDF入稿は10%OFF!】

ネット印刷・印刷通販で注文をしたら、作成したデータを入稿します。

印刷所によって、対応している作成ソフト、ソフトのバージョン、ファイル形式が異なります。
注文、入稿の前に、必ずホームページのご利用ガイドをチェックしましょう。

イシダ印刷の対応可能な、データ入稿時のファイル形式

 

Photoshopで作成した原稿は、PDFで入稿すれば「安くて、安全」

Phosothopデータ(拡張子.psd)やIllustratorデータ(拡張子.ai)でのデータ入稿は、作成した環境と違うパソコンで開くと、トラブルが発生しやすくなります。

・ データの不備

・ バージョン違いで互換性がない

・ フォントの表示エラー(文字化け、置き換わりetc)

入稿データに何らかの不備があり、印刷製本の工程に進めない場合は、再入稿や再注文となってしまい、料金や納期が当初から変更になる可能性があります。
これらのトラブルを防ぐため、作成したデータをPDFに変換して入稿することをおすすめします。
イシダ印刷ではPDFで入稿すると、通常価格から10%割引になります。

 

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

 

ここでは、PhotoshopのPDF入稿の方法、設定について詳しく見ていきます。
難しい操作ではないので、ぜひ、お得で安全なPDF形式で入稿しましょう!

 

描画モードはCMYK プロファイル変換なら元画像に近い変換に

描画モードは、必ず「CMYK」に設定してから作業を始めましょう。

デジカメで撮った写真などは、元が画像RGBです。印刷のCMYKとは色表現の異なるRGBの描画モードのままで作業しないよう要注意です。

 

PhotoshopのRGBからCMYKの変換方法 「プロファイル変換」で

イメージ→モード からCMYKに変換する方法ではなく、

 

編集】→【プロファイル変換】で

「作業用CMYK」 を選びましょう。

 

RBGで彩度が高い画像や、蛍光色に近い色はどうしてもCMYKにした途端にくすんだ色表現になってしまいます。
プロファイル変換は、モード変換よりも元画像と近い印象の色に変換してくれます。

 

プロファイル変換

プロファイル変換

カンバスサイズの設定は「3mmの塗り足しを付け足す!」

印刷会社へ入稿するデータには、3mmの塗り足しが必要です。

参考記事:
入稿データに「塗り足し」を忘れたらこうなる!印刷屋が伝えたい塗り足しの理由と方法

 

例えば、A4サイズ(210mm×297mm)なら、塗り足しを四方に3mmつけて、216mm×303mmの先ほど、サイズ設定にします。
解像度は350dpiです。

 

これらの設定は、データ作成の最初に設定してから作業を始めましょう。
あとから、塗り足しや解像度を変更すると、画質が荒くなったり、デザインやレイアウトの変更が生じてしまいます。

 

カンバスサイズ、解像度の設定方法

● カンバスサイズの設定

【イメージ】→【カンバスサイズ】でmm単位で設定
※注文するサイズに塗り足し分の3mmを足した値を設定します。

● 解像度の設定

【イメージ】→【画像解像度】で350dpiに設定します。

 

レイヤーを統合する

レイヤーを統合してから、入稿データとして保存します。

不要なレイヤーが残っていないか、反対に、表示させたい文字が隠れていたり消えていないか等、くまなくチェックしましょう。
レイヤーを統合すると一枚の画像になるので、ドロップシャドウなどの透明効果やフォントの不備が起きなくなります。

不要なレイヤーは消して、最終的にレイヤーは統合しましょう。

 

レイヤーの統合は「別名保存」で!

レイヤーを統合すると、複数に分かれていたレイヤーは一つのレイヤーになり、統合前のようにレイヤー別に修正できません。
必ず「別名保存」でレイヤーを統合したファイルを作成しましょう。

 

PDF形式で別名保存して、入稿!

CMYK、サイズ、塗り足し、解像度、レイヤーの統合などの設定や、デザインの確認が完了したら、別名保存で「photoshop PDF」を選択すれば、入稿データの完成です。
プロファイルは「PDF X-1a」または「「PDF X-4」を選択します。
(解像度の低い設定にしないように注意!)

 

入稿データは、お得でトラブル予防になる「PDF入稿」で

初期設定からレイヤー統合までの一連の作業はphotoshopデータ(拡張子.psd)で入稿する時でも欠かせない作業です。
万一のトラブル予防に、もうひと手間、簡単なPDF書き出し(PDF保存)で入稿データを作り、お得な格安価格で印刷製本を注文しましょう。

 

入稿データに解像度やカンバスサイズなどの不備があれば、印刷会社から再入稿のご連絡を差し上げます。
(データ不備の連絡が無い印刷会社もありますので、入稿前に必ず確認を!)

しかし、デザインの内容に関しては、印刷会社では不備かどうかの判断ができないので、そのまま印刷・製本へと進行します。
PDFで書き出し(保存)したデータは、全体表示、拡大表示、プリントアウトなどで念入りなチェックもお忘れなく。

 
イシダ印刷では、本印刷前の「試し刷り」サービスがあります。
何百、何千と刷る前に、仕上がり冊子の現物を手にとって確認できる、便利で安心なサービスです。


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

出荷予定カレンダー

原稿確定日をクリックしてください。
※受付時間: 12:00 (正午) 
この時間を過ぎると翌営業日の受付となります

※原稿確定日:ご入稿いただいたデータが印刷可能な状態であることを指します。
※試し刷りを選択された場合、見本ご確認後お返事いただいた時点で「原稿確定」となります。

2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

入稿・入金完了日がの場合

超特急コース(2営業日)
特急コース(3営業日)
標準コース(5営業日)
ゆったりコース(7営業日)
超ゆったりコース(10営業日)

の発送になります
の発送になります
の発送になります
の発送になります
の発送になります

・超特急コース(2営業日)
    の発送になります
・特急コース(3営業日)
    の発送になります
・標準コース(5営業日)
    の発送になります
・ゆったりコース(7営業日)
    の発送になります
・超ゆったりコース(10営業日)
    の発送になります

以下は別途日数をいただく場合があります
・見返し加工を行う場合
・PP加工を行う場合
・部数やページ数が極端に多い場合
・データに不備がある
・ご注文が混み合っている時期
・土曜日、日曜日、祝日は含まれません

かんたんお見積もりフォームはこちらから

ご注文・お見積もりはこちらから