株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

最大35%OFF & 無線綴じ製本代50%OFF!!
大好評につき延長!1月27日(月)まで

PowerPointでPDF変換したら色が変わった!画像が消えた!原因と対処方法

安心安全の「PDF入稿」

文字化けや、画像の配置ずれなどのトラブル予防に、PDF形式ファイルでの入稿がおすすめです。

AdobeのIllustrator、InDesign、Photoshop、MicrosoftのWord、PowerPointなど、冊子の原稿データ作成に使われる主なアプリケーションは「別名保存」や「書き出し」の操作で簡単にPDF形式に保存することができます。

ここでは、Microsoft PowerPointでPDF変換をした時に起こるトラブルの原因と対処法をご紹介します。

 

イシダ印刷のPDF入稿は、印刷代金から10%OFFです!
全国送料無料!ぜひご利用ください。

 

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

 

PowerPointとは 用途や特徴

PowerPointは、Microsoftのプレゼンテーション用データ作成ソフトです。
会議や講演、商談でモニターやプロジェクターにスライドショーや資料を映し出し、プレゼンテーションを効果的に、魅力的にサポートする便利なツールです。

ビジネスや学術、官公庁など世界中で使われています。

 

PowerPointはデザインテンプレートが豊富で、見栄えの良いビジュアルでレイアウトされたプレゼン資料を素早く作ることができます。
拡張子は.ppt、.pttxです。

 

画面表示が主な用途のため、プリントしたり、PDFに書き出した時に意図通りの表示、効果が出ないことがあります。

PowerPointをPDF変換したら色が変わった?オブジェクトが消えた?

特に問題が起きやすいのは透明オブジェクトに関するトラブルです。

下の図のように、半透明になって重なっていたり、ドロップシャドウが下地に重なってたり、透明効果を多用した複雑なデザインはトラブルが起きやすいです。

プレゼンテーション用のソフトであるPowerPointはレイアウトソフトより印刷に弱いので、さらに問題が起きやすい

IllustratorやInDesignのデータも、透明オブジェクトを使っていると、印刷結果やPDF書き出しの時に見え方が変わってしまうことがあります。

参考記事:
PDF変換したら白い線が出る原因は透明効果?対処方法を解説【Illustrator,InDesign,Word】

 

プレゼンテーション用のソフトであるPowerPointは、Illustratorなどのレイアウトソフトに比べ、印刷に適したソフトではない為、さらに問題が起きやすいと言えるでしょう。

 

失敗が少ないのはシンプルな罫線、色ベタ、飾りのない文字、写真です。
どうしてもPDF変換がうまくいかなかったら、透明効果を減らしてみるのも一つの対処方法です。

しかし、せっかくイメージに合わせたデザイン、効果を使ったのなら、やはりそのまま印刷したいものです。

PowerPointデータをトラブルなく印刷する方法

透明オブジェクトを画面で見た通り、綺麗に印刷するためには不透明オブジェクトにすることが一番の近道です。

 

1.

透明なオブジェクトと、透明効果が重なっているオブジェクトの全てを選択します。
上記の図でいうと、紫色の背景も選択するといいでしょう。

controlキー(Ctrl)を押しながらクリックで、複数のオブジェクトを同時に選択します。

 

2.

すべて同時に選択できたら、右クリックから「グループ化」を選択します。

 

3.

「編集」から「カット」

 

4.

「編集」から「形式を選んでペースト」 あるいは 「貼り付け」

 

5.

ダイアログボックスが出てくるので、「画像」を選択してペーストします
ペーストされた画像のファイル形式は、PowerPointのバージョンやパソコンのOSによって、TIFFだったりPNGだったりします。

オブジェクトがカットする前と同じ位置に、1枚の画像として貼り付けられます。

 

6.

PDFに書き出します。

 

この作業で、色やデザインの問題は起こらなくなるでしょう。

一度不透明オブジェクトに変えてしまうと、編集できない!

透明効果をしたオブジェクトは、一枚の画像になると不透明オブジェクトとなります。
ドロップシャドウの大きさを変えたり、透明度を変えたりといった編集ができなくなるので、1.~6.の作業はデザイン、編集が終わって確定した後に行います。

 

「別名保存」で別ファイルにしてから、不透明オブジェクトに変える作業を行うと安全です。

 

少し手間はかかりますが、不透明オブジェクトに変えて、PDFで入稿すれば、.ppt(.pptx)のままよりも、安全で確実な印刷結果が得られます。


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大35%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

仕上がりが気になる方は試し刷り!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

ご注文・お見積もりはこちらから