株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

Wordでグレースケール(モノクロ)の原稿を作成する簡単な方法

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

Wordを「別名保存」でPDF形式に書き出すと、手軽に入稿データとして使えます。

一番注意しなければいけないのが、カラー印刷ならカラーの原稿、モノクロ印刷ならグレースケールの原稿を入稿しなければいけないという点です。

 

グレースケールとは?

カラー印刷はシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色で表現されていますが、モノクロ印刷はブラック1色だけです。グレースケールの原稿は、K0~100%のグレーから黒の色合いだけで表現したデータということです。(薄すぎる色は印刷で見えにくくなるのでK10%以上を推奨します)

セピア色、オフホワイトなどの色はグレースケールではありません。文字、罫線、図形、画像など、黒と白以外の色を混ぜずに作成する必要があります。

 

文字や図形のカラー設定方法

たとえば文字に色をつけたい時、「ホーム」タブの「フォントの色」の右側の三角をクリックすると、10色のテーマカラーと、その濃淡のパターンが並んだパレットが出てきます。

文字や図形のカラー設定方法

Wordで図やグラフを作成する際も、グレースケールで統一

 

「その他の色」をクリックして手動で色を設定することもできますが、パレットから色を選んだ方がデザインがスムーズです。

WordだけでなくPowerPointやExcelなど、microsoft officeのソフトは基本的に「テーマ」というカラーパレットから色を選ぶ仕様になっています。IllustratorやInDesignの「スウォッチ」のようなものです。

デフォルトでは、赤、青、緑、黄色などがまんべんなく使われたフルカラーの「テーマ」が設定されています。
グレースケールの原稿を作る際は、この「テーマ」を変更する必要があります。

 

テーマの変更方法

テーマの変更は「デザイン」タブで行います。「デザイン」タブの右側、「色」または「配色」の右側の矢印をクリックします。

 テーマの変更方法

テーマの変更方法2

すると、テーマを選べるようになります。様々なテーマがありますが、モノクロ印刷の場合は「グレースケール」一択です。「グレースケール」のテーマを設定しておけば、カラーパレットがグレーだけで統一され、Wordで図やグラフを作成する際も、グレースケールで統一されるので簡単です。

Wordで図やグラフを作成する際も、グレースケールで統一

 

文字や図形の色を設定する際、グレースケールのパネルが表示されます。

文字や図形の色を設定する際、グレースケールのパネルが表示されます。

 

テーマの変更はあとからでも可能

テーマは、あとから変更することも可能です。テーマの色に沿って図や文字の色を指定していた場合、テーマを変えると自動的に変換されます。

カラーのテーマから、グレースケールのテーマに変更するだけで、カラーでデザインされていたものがワンクリックでグレースケールになります。

テーマの変更はあとからでも可能

↓↓↓↓↓

カラーからモノクロに変換

 

しかしテーマ以外のパレットから選択した色や、他のデータから貼り付けたオブジェクトなどは、うまく変換されません。

はじめからモノクロで印刷することが決まっている場合は、グレースケールのテーマを設定してから作成しましょう。

 

関連記事:Word原稿 カラーからグレースケールに変換 については下記よりご覧ください。

Word原稿をカラーからグレースケールに変換する

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短4月25日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから