株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

Wordで作るモノクロ原稿はグレーの濃度に注意

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

Wordでモノクロ原稿を作成する際、グレースケール(黒の濃淡表現)の再現性について注意が必要です。パソコンのモニターはRGBのカラーモードで動作しているため、モノクロで原稿を作成していても、モニター上ではカラーの混色で表現されています。モニターと印刷物では色の性質が全く違うため、入稿データを作る時はその違いを理解しておく必要があります。

 

モニタと印刷の違いを認識する

デジタルデバイス上のモニタ画面では、カラー表示がデフォルトとなっています。一見グレーに見えていても、RGBの光の点の集まりで構成されています。

一方、印刷物は黒い小さな点の集合で描写されます。拡大鏡で印刷物を見てみると、グレーは黒の点のあつまり、カラーはシアンや黄色、マゼンタなどの色の点のあつまりになっています。

 

印刷物は黒い小さな点の集合で描写されます。

その結果、モニタ上で見えるグレーが印刷上ではなんとなく印象が違うということはよくあります。

グレーの濃度にこだわりたい方は、試し刷りもおすすめです。

 

モニターの方が滑らかに見える

Wordの「図形」や「グラフ」などで描いた図は、モニター上でいくら拡大しても滑らかに見えます。

 

モニターの方が滑らかに見える

モニターの方が滑らかに見える

モニターの方が滑らかに見える

 

図形やグラフを構成しているのはベクターデータという形式で、色の集まりではなく、点の座標情報を使用して図形を描いています。

ベクターデータはどんなに拡大しても滑らかに描画されるため、モニターで拡大表示しながら作業をしていると、うっかり小さな図形を原稿に配置してしまいます。

しかし印刷は機械の性能、紙の凹凸などによって描写できる「細さ」「小ささ」に限界があります。

 

印刷できる最小サイズは?

黒100%の罫線の場合、0.25pt以上の太さでないと綺麗に印刷できないとされています。0.25ptは約0.09mmです。つまり、黒100%の場合なら0.1mm四方程度の極小の点まで表現できます。しかしグレーになると網点の集合体になるので、もっと大きなサイズでないと形が認識できません。たとえば黒50%のグレーなら、0.5pt以上ないと罫線として認識できないでしょう。さらに薄い色なら、さらに太さが必要です。

Wordではどんな色でも最小0.25ptまで細い線を引けますが、グレーの場合は0.5pt以上を設定してください。黒20%などの非常に薄いグレーの場合、2pt以上の太さにしておくことをおすすめします。

印刷できる最小サイズは?

 

印刷できる薄い濃度は?

昨今の印刷機械はどんどん画質がよくなって、薄いものや細かいものも綺麗に印刷できるようになっていますが、正確に印刷したいなら10%未満のごく薄いグレーは避けたほうが無難です。

全く印刷されないということはないのですが、形が欠けて見えたりする可能性があります。

特に図形の透明度を上げる時、10%未満のグレーにならないようにご注意ください。

印刷できる薄い濃度は?

 

グレーの微妙な差も分かりにくい

また、10%以下のグレーが見えにくいのと同じように、10%以下のグレーの差異も印刷によっては分かりにくくなります。グラフの色分けなどは、10%以上差をつけてグレーを設定するようにしましょう。

視認性を考えると、20%以上の差があるといいでしょう。

グレーの微妙な差も分かりにくい

関連記事

グレースケール変換時は色の濃度に注意

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短6月27日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから