株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

最大35%OFF & 無線綴じ製本代50%OFF!!
大好評につき延長!4月20日(月)まで

wordで入稿データを作ろう! 基本の設定

テキスト、資料集、小説、論文集、句集など、テキスト中心の冊子を作る時に欠かせないのがwordです。そのまま入稿データになる上に、デザインソフトにはない校正機能もあるので、テキスト系の冊子の制作にはぴったりのソフトです。デザインソフトではないのですが、文字の大きさや装飾など意外に細かく設定できるので、同人誌などデザインで遊びたい時にも色々な機能を駆使して使って見ましょう。ここでは、基本の使い方を見ていきます。

サイズの指定と、塗り足しの有無

まずは原稿の大きさを指定しなくてはいけません。途中で変えることもできますが、一行あたりの文字数が変わってしまうので、最初にしっかり設定しましょう。

「ファイル」からプルダウンメニューを開いて「ページ設定」です。すると、A4やA5など選べます。

サイズの指定と、塗り足しの有無

しかしここで注意したいのは、wordは基本的にDTPソフトではないので、IllustratorやInDesignのようにあとからトンポや塗り足しを作れない0ということです。

A4で原稿を作ったら、A4ぴったりのデータしか作れません。

白地に文章のシンプルなデザインなら塗り足しは必要ないですが、図のように、紙の際ぎりぎりまで色や画像、罫線、飾りなどを入れたい場合は塗り足しが必要です。

論文集や小説など、テキストが主体の冊子なら塗り足しが必要になるデザインはほとんどないですが、テキストや資料集など、少し目をひくデザインを施したい場合は、塗り足しが発生します。

ぬりたしについて

塗り足しの作り方とサイズ

塗り足しが必要なデザインの場合は、ページ設定の用紙サイズから「カスタムサイズを管理」を選択して、塗り足しを含めた原稿サイズを作ります。

カスタムサイズを管理を選択する画面

塗り足しのサイズはぴったり四方3mmです。

A4は210×297mmなので、塗り足し付きの用紙サイズは216×303に設定しましょう。

ぬりたしサイズの設定ついて

余白、ノドの設定

用紙サイズを決めたら次に行うのは余白の設定です。「フォーマット」をクリックしてブルダウンメニューから「文書のレイアウト」を選択します。

「フォーマット」をクリックしてブルダウンメニューから「文書のレイアウト」を選択

すると別ウィンドウが出てくるので、「余白」のタブを選んで上下左右の余白を設定しましょう。この時、デフォルトではウィンドウの真ん中あたりの「複数ページ」は「標準」になっていて、全ページ同じ余白が設定されるようになっています。ページ数の少ない冊子なら、ノドと小口が同じ余白でもあまり違和感はないのでこのままでもいいでしょう。しかしページ数が100ページを超えるような冊子の場合は、小口よりもノドの余白を大きくとる必要があります。

「余白」のタブを選んで上下左右の余白を設定

その場合は、「複数ページ」のプルダウンメニューを「見開きページ」にします。すると、余白の設定の仕方が「上・下・左・右」ではなく、「上・下・内側・外側」になります。「標準」の時は綴じない書類を作ることを前提としていますが、「見開きページ」は両面印刷の冊子の形式を意識した設定になるのです。

内側の余白を多く設定するか、とじしろを数ミリ入力すれば、ノドのアキが広くなります。

ちなみにここで設定する余白はあくまでも本文の文字が入る場所なので、図形や写真などは余白の外にも自由に入れられます。

「複数ページ」のプルダウンメニューを「見開きページ」に

文字数と行数の設定

同じ「文書」ウィンドウで基本の文字数と行数も指定します。あくまでも基本なので、文書の中で変えることもできますが、小説や論文集など、本文のフォントが基本的に変わらない冊子の場合はここで決めてしまった方が後の作業が楽です。

文字数と行数の設定

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大35%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

出荷予定カレンダー

原稿確定日をクリックしてください。
※受付時間: 12:00 (正午) 
この時間を過ぎると翌営業日の受付となります
※原稿確定日:ご入稿いただいたデータが印刷可能な状態であることを指します。
※試し刷りを選択された場合、見本ご確認後お返事いただいた時点で「原稿確定」となります。

2020年4月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

入稿・入金完了日がの場合

超特急コース(2営業日)
特急コース(3営業日)
標準コース(5営業日)
ゆったりコース(7営業日)
超ゆったりコース(10営業日)

の発送になります
の発送になります
の発送になります
の発送になります
の発送になります

・超特急コース(2営業日)
    の発送になります
・特急コース(3営業日)
    の発送になります
・標準コース(5営業日)
    の発送になります
・ゆったりコース(7営業日)
    の発送になります
・超ゆったりコース(10営業日)
    の発送になります

以下は別途日数をいただく場合があります
・見返し加工を行う場合
・PP加工を行う場合
・部数やページ数が極端に多い場合
・データに不備がある
・ご注文が混み合っている時期
・土曜日、日曜日、祝日は含まれません

かんたんお見積もりフォームはこちらから

ご注文・お見積もりはこちらから