株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

Wordのグラフをすっきりお洒落に見せる方法

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

Microsoft Wordは図やグラフが簡単に作成できる便利なソフトですが、時には見栄えや読みやすさの面で改善の余地があるかもしれません。この記事では、Wordのグラフをすっきりお洒落に見せる方法についてご紹介します。グラフをよりプロフェッショナルな印象に仕上げ、すっきりした紙面作りをしましょう。

 

グラフの作成手順の基本

グラフの作成手順は、まず「挿入」タブの「グラフ」をクリック。

プルダウンメニューから作りたいグラフの種類を選びます。

グラフの作成手順の基本

 

たとえば積み上げ棒グラフを選択すると、数値や項目を入力するエクセルファイルと共に、カーソルを置いた場所に以下のようにグラフができます。

四方のボックスにカーソルを合わせることで、大きさを変更できます。

積み上げ棒グラフ

改善ポイント1 – 色合いを変えてみる

以下のグラフ、悪くはないのですが、なんだかいかにも事務的な資料という感じがします。

印象を変える方法の一つとして、まずは色合いを変えるのが有効です。

改善ポイント1 - 色合いを変えてみる

 

WordやPowerPointなどのMicrosoft系のソフトは、書類にテーマカラーが設定されており、グラフの色はそのテーマに準じて自動的に配色されます。

テーマは「デザイン」タブの「色」から選択します。デフォルトの色合いは寒色や暖色がまんべんなく入れられたカラーパレットになっていることが多く、色の違いはわかりやすいのですが、デザインとして統一感を出すのが難しいことも……。

テーマは「デザイン」タブの「色」から選択

たとえばプルダウンメニューのデフォルトの「office」の下にある「青」や「緑」のパレットは、同系色で構成されているので、色合いがかなりスッキリして見えます。

 

色合いがかなりスッキリ

ただし、テーマカラーを変更すると、テーマから配色していた見出しや他の図形の色も変わってしまうので注意してください。

 

余計な罫線を削除する

罫線が多すぎる、というのも野暮ったく見えてしまう一因となります。

グラフの外側のグレーの罫線は境界線がわかりやすくていいのですが、無い方がスッキリして洗練された印象になります。

罫線が多すぎる、というのも野暮ったく見えてしまう一因

 

罫線を選択して右クリック、「グラフエリアの書式設定」を開きます。そこで線を「なし」にすると、外側の罫線だけ消えます。

グラフエリアの書式設定

グラフエリアの書式設定-2

 

フォントと色を微調整

グラフ内のフォントは、文字列を選択することで変更可能です。明朝体よりゴシック体の方が可読性が高く、モダンな印象になるのでグラフにはおすすめです。

色の違いがわかりにくい箇所は個別に選択して色を変えていきます。

フォントと色を微調整

 

図形でデザインを追加する

さらにグラフのタイトルに同系色で色をつけたり、上下に飾り罫を足すなどしてオリジナルのデザインを作っていくと、事務的な書類っぽさがなくなり、お洒落に仕上がります。

図形でデザインを追加する

 

関連記事

Wordのスマートアート(SmartArt)で簡単レイアウト

Wordのスマートアート(SmartArt)で組織図を作る

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短6月27日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから