株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

Wordの余白設定 用途別の目安

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

ビジネス、学術、個人的な用途に関わらず、Wordで文書を作成する際に適切な余白を設定することは非常に重要です。

余白は文書の見栄えを整えるだけでなく、読みやすさや印刷のクオリティにも影響します。

 

余白の役割

  1. 読みやすさの向上

    適切な余白があると、テキストの一行の長さが程よくなり、読みやすくなります。また、空白は単に「何も印刷されていない場所」ではなく、視覚的な休息スペースにもなり、読者の目の負担を軽減します。情報を沢山詰め込みたいからといって、余白を削りすぎるのはお勧めしません。

  2. 見栄えの良さ

    余白が適切に設定された文書は、整然とした印象を与え、プロフェッショナルな仕上がりになります。

  3. 印刷の安全性

    印刷や製本の際に、紙の端まで文字があると読めなくなる可能性があります。特に本を綴じた方(ノド)は製本方法によって5~10mmほど見えなくなるので、保険として広めに開けておくと失敗がありません。

 

Wordの余白の設定方法

Wordの余白は上部メニューの「フォーマット」→「文書のレイアウト」から設定できます。

文書のレイアウト

 

ダイアログボックスが表示されるので上部の「余白」タブを選び、上下左右の余白を設定します。

余白タブ

 

または「レイアウト」タブの「余白」アイコンのブルダウンメニューからも設定できます。

「標準」「狭い」「広い」などデフォルトの設定がいくつかあるので、それをクリックするだけで適用されますし、自分で細かく余白を決めたい方は「ユーザー設定の余白」をクリックします。

余白の選択

 

標準的な余白設定

Wordのデフォルト「標準」では以下の通り設定されています。

  • 上部: 3.5 cm
  • 下部: 3 cm
  • 左側: 3 cm
  • 右側: 3 cm

 

「標準」といっても、一般的な余白より少し広めと言えるでしょう。契約書などややかしこまった書類に適した余白設定です。

ビジネス文書や学術論文においては、もう少し狭い余白が採用されていることが多いです。

  • 上部: 2.5 cm
  • 下部: 2.5 cm
  • 左側: 2.5 cm
  • 右側: 2.5 cm

 

ノドは2.5cmの余白があれば、ページ数が多い無線綴じでも文字が見えなくなるということはありません。

また、Wordの「余白」は本文エリアの設定なので、ヘッダーやフッターはこの外側に入ることになります。ヘッダーやフッターを入れる場合は、ヘッダーやフッターと本文の距離が近くなりすぎないように、上部・下部の余白を広げましょう。すっきりと洗練された印象に見せるために、上部の余白を多めにとる場合も多いです。

 

プレゼン資料やブランドブックなどの余白設定

写真やイラストなどを多様したプレゼンテーション資料の場合、視覚的なインパクトを重視するため、余白を狭くすることが多いです。それでも最低限1.5 cm程度の余白を確保することをお勧めします。

逆に、文字だけでシンプルで洗練された見せたいブランドブックなどは、4~5cmとかなり広めの余白を設定することもあります。

 

Wordの余白をページごとに変える方法

併せてご覧ください。

Wordの余白をページごとに変える方法

 

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短7月30日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから