株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

仕様変更のご依頼手続きが変更になりました。こちらを事前にご確認ください。

WordやPowerPointで印刷したら色が暗い、くすむ時の理由と対処方法

WordやPowerPointで作成したデータを印刷したら、画面の表示よりも色が暗い、くすんでいると感じたことはありませんか?

それは、WordやPowerPointなどのアプリケーションがRGBで色を作っているからなのです。

 

RGBとは?

RGBは、Red(赤)、Green(緑)、Blue(青)の光を混ぜ合わせて色を表現します。「光の三原色」とも呼ばれます。

図のように、色の光を足すとどんどん明るくなって、RGBの3原色すべてを100%にすると白になります。RGBによる色の表現は「加法混色」とも呼ばれます。

RGB

RGB

 

パソコンやテレビ、スマートフォンなど、発光する媒体はすべてRGB方式で色を表現しています。各色、256段階の強さを設定できるので、256×256×256で16,777,216色を表現できます。

 

印刷物の色表現は「CMYK」

一方、印刷は発光体ではないのでRGB方式の色は表現できません。

カラー印刷の色は、CMYKの4色のインクで表現されます。
C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)の三色と、K(キープレートという意味で、黒ではないのですが、黒インクを足していくイメージです)で表現します。

CMYK

CMYK

 

CMYKとRGBでは、表現できる色の領域が違います。
RGBは媒体が発光体なのに対し、CMYKは紙とインクなので、明るい鮮やかな色の再現は不向きです。

 

CMYKはRGBの原色に近い色はほとんど表現できません。
青、赤、黄色は近い印象で表現できますが、蛍光色に近い黄緑やシアン、ピンクなどをそのまま入稿してしまうと、印刷の仕上がりが暗く、くすんだようになり、違和感を感じます。

印刷物はCMYK

WordやPowerPointは、RGBでデータを作成しています。
RGBで表示された画面で作成したカラーのデータを、プリンターや印刷機がCMYKのインクで印刷すると、やはり暗く、くすんだ結果になってしまいます。

RGBからCMYKに変換した色の変化

 

WordやPowerPoint 印刷する色を設定するときは?

WordやPowerPointのデータ作成は、RGBモードのみです。印刷物で再現できない色を選ばないように注意しましょう。

 

カラーピッカーで色を選ぶ時に、彩度が高い色ではなく、右図のように彩度を下げた色(少しグレーを足した状態)を選ぶとCMYKに近い色合いが出せます。

・WordやPowerPointでの作業上の注意 パソコンのモニターはRGB方式なのですが、Adobe IllustratorやInDesign、PhotoshopなどのデザインソフトはCMYKモードも選べて、擬似的にCMYKの色をモニターで表現して確認することができます。 しかしwordやpowerpointなどはRGBモードでしか作れないので、印刷物で再現できない色を選ばないように注意しましょう。カラーピッカーで色を選ぶ時に、彩度が高い状態ではなく、図のように少しグレーを足した状態で選ぶとCMYKに近い色合いが出せます。

 

PowerPointの「CMYKつまみ」

PowerPointはバージョンによっては、擬似的にCMYKの色を作れる「CMYKつまみ」があります。

CMYKつまみ

 

関連記事:WordやPowerPointで冊子や本の原稿データを作る【設定や保存方法】

 

Word、PowerPoint以外のアプリケーションの場合

モニターの色表現はRGB方式ですが、AdobeのIllustratorやInDesign、Photoshopなどのデザイン向けアプリケーションは画面表示に「CMYKモード」を選択できます。

 

CMYKモードは、擬似的にCMYKをモニターで表現して色味を確認することができます。
それでも、印刷結果と全く同じではありません。RGBと比べて、どれだけ色が沈むかおおよその見当がつく感じです。

カラー表現に精度が求められる印刷物では、色校正やカラーチャートで発色を確認しましょう。

 

関連記事:RGBからCMYKに変換する方法(Illustrator、Photoshop、PDF


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。


かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

 

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

本日ご注文で最短9月26日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから