株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

「紙」の現在と未来~紙の歴史(2)

前回の紙の歴史についての続きです。

%e7%b4%99日本では江戸時代に和紙の生産が最も栄えましたが、洋紙の製紙技術が導入されてから、大正時代にかけては衰退の一途をたどっています。明治時代には機械化が進み、現在、日本の和紙生産量は紙全体の0.3%程度となっているそうです。
 
ところで「和紙」と「洋紙」の違いはご存知ですか?実は原料と手法に違いがあります。和紙の原材料は麻、三椏(みつまた)、楮(こうぞ)、雁皮(がんぴ)など。ネリという糊を使って、職人が手づくりで漉き、作成されます。それに対し、洋紙とは広葉樹・針葉樹と廃材などをパルプにし、機械で大量生産されます。一部古紙なども材料として使われるため、漂白してからつくられることもあるため、材料といっても多岐にわたっているともいえます。
 
現在、印刷でつかわれる一般的な紙は機械でつくられる洋紙です。原材料の木材を細かく砕いたチップを機械や化学処理ですりつぶし、パルプをつくります。材料によってできあがる紙の質も変わり、広葉樹が多ければ紙が柔らかくなり、針葉樹が多い場合は強い紙ができます。さまざまな質のパルプは配合の割合により、できあがる紙の性質も変わってきます。
 

紙はこうしてつくられる

 
では紙の製造工程を簡単に確認してみましょう。
 
1 原材料の木材をチップ化し、厚みや大きさをそろえる
 
2 薬品を加え高圧、高温で煮て樹脂を溶かし、繊維分を取り出す
 
3 ゴミ等の異物を取り除き、洗浄
 
4 蒸解釜に残った樹脂は酵素で分解
 
5 薬品を使用して漂白
 
6 ワイヤー上に均一に広げる
 
7 プレスで水分を絞り、乾燥させる
 
8 できあがった紙を巻き取る
 
簡単ではありますが、おおむね以上のような行程を経て紙はつくられています。

現在のような紙製作の行程は20世紀の中頃には確立したといわれています。その後も技術は進み、さまざまな用途に合わせた機械の開発、改良は重ねられてきました。近年では世の中の動きに合わせ、例えば化学薬品の使用を控えたり、古紙パルプを使用したりするなど、省エネや地球環境に配慮した動きも見られます。
 
デジタル化が著しい現代ではペーパーレスが一般的になりつつあります。しかし、その一方で形と重さのある本の存在感は増していると私は思います。大きな可能性を持った紙とそれを使った本は、まだまだ新たな価値を生むのではないかと信じています。
 
紙についてのご質問はイシダ印刷まで。最適で低価格な紙をご提案いたします。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから