株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

※仕様変更のご依頼手続きはこちらを事前にご確認ください※

【Illustrator,InDesign】PDF入稿の設定方法を解説

Illustrator・InDesignデータをPDF入稿イシダ印刷ではPDF入稿を推奨しています。

入稿データをPDFで保存することによって、フォントが化けたり、配置画像が消えたり、レイアウトが崩れたりするのを回避できます。データも複数ページを単一のファイルにまとめられるので扱いやすく、データ量が軽くなり、アップロードする時も楽になります。

しかもPDF入稿なら10%割引!ご注文フォームでは忘れずに「入稿データ形式」で「PDF」をチェックして、PDF形式で入稿しましょう。

PDF入稿するかしないかの選択項目について

Illustratorの設定

Illustratorデータで入稿する際は、リンク画像をまとめたり文字を全てアウトライン化したりと、手間がかかり、入稿ミスのもとにもなりがちですが、PDFで保存して入稿すればほとんど問題が起きません。保存前に文字をアウトライン化する必要もありません。

手順は以下のとおりです。

  1. 別名保存を選択
  2. 「ファイル形式」のプルダウンメニューからPDFを選択
  3. プリセットを選択
    Illustratorでは様々なプリセットが用意されていて、ウェブ用の解像度の低いものもあります。「最小ファイルサイズ」は、メール添付用の軽いPDFで、解像度が低く設定してあるので入稿データとしては使用しないでください。    

    印刷用の高解像度のPDFは「PDF/X」や「高品質印刷」などです。特に「PDF/X」は国際的な規格なので、どの印刷所に出しても問題の起きにくい形式です。

    「PDF/X-1a」は透明効果を分割・統合してから作らないといけないので、ドロップシャドウや透明部分をそのまま変換できる「PDF/X-4」がおすすめです。

    PDF/X-4

  4. トンボと塗り足しをつける
    アートボードをページサイズで作っている場合、トンボと裁ち落としをつけると自動的にトンボと四方3mmの塗り足しが作られます。データ作成の時点でトンボを塗り足しを作っている場合は、ここはチェックしなくてもいいです。    

    トンボと裁ち落とし

    そして保存すれば、解像度、フォント、透明効果、トンボと塗り足しなど、全て印刷に適したデータが作成されます。

 

InDsignの設定

イシダ印刷ではInDesign形式での入稿は対応していないため、必ずPDFに書き出す必要があります。対応ファイル形式について

InDesignは「書き出し」から「Adobe PDF(プリント)」を選択します。
すると、Illustratorと同様のプリセットの選択画面が出てくるので、「PDF/X-4」を選択します。

InDesignはページサイズで作るソフトなので、塗り足しとトンボを必ず設定します。また、書き出し形式を「ページ」と「見開き」が選べるのですが、印刷の際は見開きをばらばらに分解して面付けするので、必ず「ページ」を選びます。

InDesign「書き出し」から「Adobe PDF(プリント)」を選択

 

WordからPDFへ変換する方法はPDF入稿ガイドで解説しています。


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。


かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短2月6日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから