株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

アートポストとマットポストの違い、使い分け方

冊子や書籍の表紙やブランドのパンフレット、名刺やカード、ポスター、カレンダーなどに使われる、アートポストやマットポスト。
高級感のある用紙で価格設定も高めになるこれらの用紙の違い、特徴や用途で使い分けるポイントをお伝えします。

 

コーティングされた紙「塗工紙」

アートポスト、マットポストはいずれも塗工紙と呼ばれる印刷用の紙で、紙表面のパルプ繊維を塗料でコーティングして、平滑性や白色度を高めた紙です。インクの発色が良好で、再現性の高い印刷ができます。特に、写真や絵のカラー印刷で色鮮やかな印刷効果が塗工紙の特徴です。

 

紙表面にコーティングされていない、パルプ繊維の質感をそのまま活かした状態の紙が非塗工紙です。代表的な紙が「上質紙」です。さらさらした紙面で、塗料のテカりがない分、筆記性や可読性に優れます。コピー用紙や書籍や冊子、チラシに使われる、最も普及している紙です。非塗工紙の表面をコーティングしたものが塗工紙です。

塗工紙の表面

参考記事:上質紙とは?特徴や印刷の仕上がり、質感ー安くて使い勝手のいい超メジャー用紙

 

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

 

アートポストとマットポストの違い

写真をきれいに見せたい、色鮮やかなデザインの印刷物に塗工紙が使われます。美術書、写真集、雑誌の表紙、高級カタログ、ポスターなどにアートポストやマットポストが選ばれています。

 

アートポスト、マットポストは表面の質感、光沢の有無が異なります。

 

● アートポストは、白色度の高いツヤ、光沢のある厚手の塗工紙。なめらかでツルツルとした質感。鮮やかなコントラストで、高精細な写真の再現性も高い。

● マットポストは、光沢を抑えたマットな質感、あざやかな白さとソフトな肌合いが特徴の厚手の塗工紙。落ち着いた雰囲気、しっとり上品な手触りが人気。

 

どちらも高級感があり、インクのりが良く、美しい発色で印刷物の美感を高めます。写真や絵などビジュアルを重視したカラー印刷の書籍、冊子の表紙に最適です。

 

イシダ印刷では、3種類の厚みのアートポスト、1種類のマットポストを取り扱っています。

アートポスト160K厚さ約0.17mm表紙
アートポスト180K厚さ約0.20mm表紙  PP加工・可
アートポスト200K厚さ約0.22mm表紙  PP加工・可

 

マットポスト220K厚さ約0.26mm表紙  PP加工・可

 

コート紙と、アートポスト・マットポストの違い

アートポスト、マットポストと似た質感の用紙に「コート紙」「マットコート紙」がありますが、その違いは何でしょうか?

 

コート紙、マットコート紙も、アートポスト、マットポストと同じ塗工紙です。

両者の違いは、表面に塗布されている塗料の量です。
アートポスト、マットポストの方が塗工量が多く、厚みもあります。コート紙とマットコート紙に比べ、アートポスト、マットポストの印刷効果はより彩度が高く、発色が鮮やかな再現性があります。また、硬くしっかりとした手触りです。

 

「コート紙、マットコート紙より厚手できれいに印刷できる紙が、アートポストとマットポスト」と覚えておくとわかりやすいでしょう。
コート紙と同じ質感で、より厚く綺麗な発色を求めるならアートポストを、マットコート紙と同じ質感でより厚く綺麗な発色の紙を求めるマットポストを選択するイメージです。

 

イシダ印刷では、3種類の厚みのコート紙、6種類のマットコート紙を取り扱っています。

コート90K厚さ約0.08mm本文・表紙
コート110K厚さ約0.10mm本文・表紙
コート135K厚さ約0.13mm本文・表紙

 

マットコート90K厚さ約0.11mm本文・表紙
マットコート110K厚さ約0.13mm本文・表紙
マットコート135K厚さ約0.17mm本文・表紙
マットコート160K厚さ約0.20mm表紙  PP加工・可
マットコート180K厚さ約0.24mm表紙  PP加工・可
マットコート220K厚さ約0.30mm表紙  PP加工・可

 

参考記事:
コート紙と上質紙の違い、向いている冊子は?厚み、特徴で使い分ける
コート紙、マットコート紙、アート紙の違い、使い分け方

 

表紙に必要な紙の厚さは?

アートポスト、マットポストのどちらも厚手の用紙で、表紙に使用してもじゅうぶんに強度があり、美感とともに耐久性のある書籍、冊子に仕上がります。表紙にPP加工を施せば、印刷面が保護され、耐久性、高級感が増します。

 

表紙の厚さの目安

表紙に使う用紙は「厚さ」に注意して、用途に合った本の強度を保つことが大切です。表紙にはどれくらいの厚みが必要でしょうか。

 

表紙を薄い用紙にしてしまうと、本の強度が落ちて、背表紙が傷ついたり、ばらばらになってしまうことがあります。

本文用紙が薄く、ページ数が少ない場合は、薄い用紙の表紙でも保ちますが、本文のページ数が多かったり、コート紙などの重い本文用紙を使っている書籍・冊子は、表紙用紙もしっかりとした厚さが求められます。
表紙は書籍、冊子の顔になるだけでなく、全体を支える骨格となるパーツと考えましょう。

 

一般的に厚手の紙は、135K以上です。

コート紙、マットコート紙も135Kがあります。本文が90K以下なら135Kでも十分ですが、やや簡易的な印象です。より重厚な安定感のある書籍、冊子にはアートポスト、マットポストを選択すると見栄えがグッと本格的になります。

 

アートポスト、マットポストを使った表紙は、美術書や写真集、雑誌の他にも、記念誌、アルバム、作品集、画集にも最適です。

また、頻繁に開いたり閉じたり繰り返し使う教科書やテキストの表紙にも、厚みのあるアートポスト、マットポストを表紙に使うと、長期間の使用に耐えられる丈夫な冊子に仕上がります。


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短8月2日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから