株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

101部以上のオンデマンド印刷、値下げしました!

イシダ印刷で対応できる製本方法について

製本とは

製本とは、複数の紙をまとめて、表紙をつけて冊子の体裁にすることです。

現在イシダ印刷で取り扱っている製本方法は以下の4つです。

概要は「製本方法 綴じ方の種類」でもご案内しております。

無線綴じ(くるみ製本)

本文用紙を表紙用紙でくるみ、背表紙に特殊な糊(ホットメルト)をつけて固定する製本方法

  • 対応ページ数4~800ページ

無線綴じ(くるみ製本)

中綴じ(針金綴じ)

本文用紙を二つ折りにしてノドの部分を2カ所針金(ステッチ)で留める製本方法

  • 対応ページ数4~40ページ

中綴じ(針金綴じ)

平綴じ(ホチキス留め)

表紙も本文もペラ紙で重ねた状態で、表紙の上から針金で留める製本方法

  • 対応ページ数8~80ページ

平綴じ(ホチキス留め)

リング製本

ノド付近にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法

  • 対応ページ数6~144ページ

リング製本

ページ数が少ない冊子に最適な製本方法は?

ページ数が少ない冊子の適した製本方法は「中綴じ」と「平綴じ」です。パンフレット、

「中綴じ」は、リーフレット、説明書、プログラム、報告書、講習会テキストなど、手軽に読める薄い冊子で広く使われている製本方法です。あまり手間がかからない製本なので、短納期、低価格が実現します。ページが180度開けて読みやすく、表紙と本文が針金でしっかり留められているので耐久性もあります。

ただし、中綴じはページ数を4の倍数にする必要があります。どうしても本文が4の倍数にならない場合は、最初か最後に白ページを入れて調整してください。ページ調整が面倒な場合は、さらに簡単でお手軽な「平綴じ」がおすすめです。

「平綴じ」の場合はノド付近の5ミリ程度が見えなくなるので、データ制作の際は注意が必要です。

ページ数が多い冊子に最適な製本方法

ページ数が多い冊子に最適なのは無線綴じです。中綴じは最大40ページまでしか綴じることができないので、40ページを超えたら自動的に無線綴じを選ぶことになります。平綴じは80ページまで綴じることが可能ですが、無線綴じの方がページと表紙の接着面が多いので捲りやすいです。あまりコストも変わらないので、無線綴じにしてしまった方が扱いやすいでしょう。

無線綴じは論文集・教科書・会社案内・小説・作品集など、自費出版から商業出版まで幅広い書籍に使われている製本方法です。ページ数は2ページずつ増やせて最大800ページまで製本できるので、内容も融通がききます。直方体の仕上がりで、背表紙に本のタイトルを入れることもできます。カバー・帯や見返し、扉などオプション加工も豊富で、市販の単行本のような豪華版の冊子も作ることができます。

ちょっと特別な製本方法

リング製本は他の製本方法と違って取り扱っている印刷所が少なく、ちょっと特別な製本方法です。

カレンダーやスケッチブック、ノート、メモ帳などでお馴染みの仕様で、読み物よりも文具やノベルティに多く使われています。ページが360度回せて、見開きが180度開いて自立できます。中綴じ、無線綴じ、平綴じに比べると価格は高く、納期も長めですが、その分華やかで存在感のある仕上がりになります。

イシダ印刷ではカレンダーやオリジナルノート、手帳などの冊子制作も請け負っているので、イベントの記念品作りや会社のノベルティ作りに是非活用してください。

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短7月14日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから