株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

101部以上のオンデマンド印刷、値下げしました!

オフセット印刷 綺麗な印刷の理由や特徴・オンデマンド印刷との価格比較

オフセット印刷とは?

オフセット印刷は、PS版(pre-sensitized plate)と呼ばれる薄いアルミ板を「版」にして、液状のインクで刷る印刷方式です。今では最もスタンダードな印刷方式で、書店に並んでいる書籍の大半はオフセット印刷で印刷されています。CMYKのカラー印刷か、モノクロ一色(K)のどちらかを指定できます。

オフセット印刷とは

綺麗で上品なカラーの表現が特徴

オフセット印刷は、ごく薄い版とゴム製の柔らかいブラケットを用いて余計な摩擦を極力抑えて印刷するので、繊細な表現が特徴です。細い線、小さい点、グラデーション、淡い色などが綺麗に表現できます。

綺麗で上品なカラーの表現が特徴

カラーの精細な再現性を求める画集や写真集、作品集など美術系の冊子は、少部数で割高になってもオフセット印刷を選択するケースがあります。また、会社案内やパンフレットで、商品の色味やデザインを正確に表現したい冊子もオフセット印刷で制作されています。

大量に刷っても色が変わらない

オフセット印刷のメリットは、大部数を精細で安定した品質で印刷できることです。オフセット印刷は版画のように「版」を作って紙に転写していくので、版が変わらない限り、何百、何千部と刷っても印刷品質が安定しています。

オンデマンド印刷との画質の違い

イシダ印刷では、オンデマンド印刷とオフセット印刷の両方を扱っています。

仕上がりは非常に似ているのですが、実は全く違う仕組みの印刷方法です。オンデマンド印刷は版を使わずにデジタルデータから直接トナーで印刷されます。レーザーコピーの高品質版だと捉えてください。

オフセット印刷とオンデマンド印刷の技術的な違いについて、下記の記事も併せてご覧ください。

オフセット印刷、オンデマンド印刷の違いと使い分け方

オンデマンド印刷の画質も十分綺麗ですが、より繊細で安定感があるのはオフセット印刷です。

オフセット印刷に比べると、オンデマンド印刷はグラデーションが滑らかに再現されなかったり、鉛筆画などの繊細な描写、細かな線が少々潰れてしまうことがあります。

オンデマンド印刷の品質

また、赤や青などの濃い色ベタ、色の濃い写真のテカりが気になる場合があるのもオンデマンド印刷の特性です。オンデマンドよりオフセットの方がインクの安定性が高く、解像度も高いので、細かい描写も鮮明で上品に仕上がります。

逆に、スミ文字やグラフなどが中心の論文集、句集、小説などは、品質のためにわざわざオフセットを選ぶ必要はありません。

オフセットのカラー印刷を安く刷るには?

オフセット印刷は1部からでも注文できますが、少部数だと割高です。オフセット印刷は刷る枚数が1枚でも1000枚でも版を一つ作るので、製版コストが同じだけかかるのです。

つまりオフセット印刷をお得に刷るポイントは、大量部数の印刷を一気に注文することです。

オンデマンド印刷は版を使わないので、少部数でも安価に刷れる印刷方式ですが、大量部数になるとオフセット印刷の方が安価になって、価格が逆転します。

印刷価格は仕様や納期、キャンペーンによって変動しますが、イシダ印刷の冊子印刷では概ね150部未満はオンデマンドの方が安く、200部以上だとオフセット印刷の方が安くなります。この価格設定は印刷会社によって違っています。

A4の無線綴じ冊子(60ページ)のオンデマンド印刷とオフセット印刷の価格を比較

次のような仕様で比較してみます。

  • サイズ  : A4
  • 部数   : 200部
  • 本文ページ数 : 60ページ
  • 製本方法 : 無線綴じ
  • 表紙   : 色上質紙最厚口/モノクロ
  • 本文   : 上質紙70K/モノクロ
  • 納期   : 超ゆったりコース(10営業日)
  • PDF入稿(通常価格から10%OFF!)

※2022年3月2日現在(通常価格、10%割引のPDF入稿、超ゆったりコース(10営業日))

オンデマンド印刷 57,471円  一冊あたり287.4円
オフセット印刷 40,883円  一冊あたり204.4円

1部と300部を比較してみる

オフセット印刷は1部から印刷できますが、大部数との印刷価格を比べて、どれくらい単価に差があるか見てみましょう。

例えば下記のような、冊子印刷での比較では・・・

  • サイズ  : A4
  • ページ数 : 50ページ
  • 製本方法 : 無線綴じ
  • 表紙   : コート135K/カラー
  • 本文   : 上質紙70K/モノクロ
1冊あたりの印刷価格の比較 1部 300部
オフセット印刷 23,870円 162.9円
オンデマンド印刷 3,138円 255.4円

※2022年3月2日現在(通常価格、10%割引のPDF入稿、超ゆったりコース(10営業日))

求められる印刷品質と予算とのバランスになりますが、 印刷方式のコストも重要なポイントになることをお伝えできたかと思います。

オンデマンドとオフセット、冊子の印刷価格を一発比較!

イシダ印刷の冊子印刷はオフセットとオンデマンドの両方を取り扱っています。
(オフセット印刷はモノクロ本文対応)

3分でわかる!かんたん無料自動お見積もり&ご注文では、用紙やページ数、製本方法などの印刷仕様を選ぶと、オンデマンド印刷とオフセット印刷の印刷価格を自動で同時に表示します。

今回比較した印刷仕様以外の用紙や部数、サイズ、オプション加工などを選んだ印刷価格は3分でわかる!かんたん無料自動お見積もり&ご注文でチェックできます。
ぜひお試しください。

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短10月5日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから