株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

ペーパーバックのサイズ実測結果まとめ【無線綴じ】

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

ペーパーバックの印刷製本

ペーパーバック(古典)のサイズ

 

イシダ印刷の冊子印刷は、無線綴じのカスタムサイズ(変形サイズ)での印刷製本も承っております。

カスタムサイズ 指定可能サイズ
ヨコ:90mm~210mm
タテ:120mm~297mm

冊子印刷の対応サイズ一覧

 

「ペーパーバック」は主に無線綴じ製本の洋書を指して使われている、紙製の表紙の本です。

この記事では、古典の洋書を中心に、一般的なペーパーバックの実測結果をご紹介します。
ペーパーバックや無線綴じ冊子のサイズを「カスタムサイズ」で決めるときの参考にしてください。

* 多少の誤差はご容赦ください
* 実測結果は「短辺 × 長辺」で示しております

 

関連記事:ペーパーバックとは?使い方と作り方【洋書の定番】

 

Oxford World’s Classics(128mm×196mm)

トルストイ『戦争と平和』

トルストイ『戦争と平和』

 

「オックスフォード・ワールズ・クラシックス」は、書店の洋書売り場や古書店でも見かけることの多いシリーズです。翻訳作品も多数刊行されています。

実測値は128mm×196mmでした。
日本の一般的な新書サイズ(105mm×173mm)よりも縦横ともにふた回りほど大きくなっています。

 

Penguin Classics(128mm×197mm)

ジェイン・オースティン『高慢と偏見』

ジェイン・オースティン『高慢と偏見』

 

ペーパーバックといえばこちらをイメージする人が多いかもしれません。

「ペンギン・クラシックス」はオックスフォード・クラシックスと並んで、古典作品を扱っている二大シリーズといっていいでしょう。実測値は128mm×197mmでした。

 

価格帯は同じですが、天地はオックスフォードより1ミリ高くなっています。

 

ちなみに以前のペンギン・クラシックスは、ひと回り小さいサイズで刊行されていました。

 

旧 Penguin Classics(110mm×180mm)

サッカレー『虚栄の市』

サッカレー『虚栄の市』

 

個人的には旧ペンギン・クラシックスのサイズの方が読みやすいと思います。実測値は110mm×180mmでした。

日本の新書サイズに近く、片手でお読みいただける大きさです。

他にもペンギン・クラシックスには、いくつかのシリーズが刊行されており判型も様々ですが、ここでは割愛させていただきます。

 

Wordsworth Classics(127mm×197mm)

ディケンズ『オリヴァー・ツイスト』

ディケンズ『オリヴァー・ツイスト』

 

ペーパーバックのなかでも比較的安価に入手できるのがこちらのシリーズ「ワーズワース・クラシックス」です。実測値は127mm×197mmでした。

オックスフォード・クラシックスの幅よりも1ミリ狭く、天地は1ミリ高く設定されています。

 

ワーズワース・クラシックスと同価格帯のペーパーバックには、 Dover Thrift Editionsというシリーズがありますが手元にないため未計測です。

 

Le Livre de Poche Classiques(110mm×178mm)

スタンダール『赤と黒』

スタンダール『赤と黒』

 

フランスのポッシュ(ペーパーバック)は旧ペンギンに近いサイズになります。

なかでも「リーブル・ド・ポッシュ」は「文庫本」という意味であり、(豆本などを除く)一般的なフランスの書籍としては、このあたりのサイズがもっとも小さい部類に入るのだと思われます。

実測値は110mm×178mmでした。

 

現代の作品を刊行しているポッシュには、「folio」や「POINTS」といったシリーズがございます。

  • folio(108mm×178mm)
  • POINTS(109mm×178mm)

 

GF Flammarion(108mm×177mm)

フローベール『ボヴァリー夫人』

フローベール『ボヴァリー夫人』

 

「GF flammarion(フラマリオン)」も古典作品を多く刊行しているシリーズで、リーブル・ド・ポッシュよりわずかに小さくなっています。
実測値は108mm×177mmでした。

 

まとめ

日本の各出版社の文庫サイズを比較した【出版社別】文庫本サイズまとめ|家にある文庫本を手当たり次第に測ってみたでは、規格サイズの不統一が明らかになりましたが、今回の実測では「判型が完全に一致するものがひとつもない」という結果になりました。

 

以上をまとめると、海外のペーパーバックは概ね、

  • 大きい部類(127~128mm×196~197mm)
  • 小さい部類(108~110mm×177~180mm)

といった範囲になるようです。

 

もっとも小さい部類にはドイツのレクラム文庫が該当しそうです。

レクラム文庫についてはレクラム文庫と岩波文庫のサイズと色分けの違いで実測しております。

 

海外のペーパーバックは頻繁に表紙デザインが変わりますので、気に入ったものを見かけたときは即購入するのが鉄則です。

それは二度と手に入らないかもしれません。

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

 

 

 

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短7月30日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから