株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

仕様変更のご依頼手続きが変更になりました。こちらを事前にご確認ください。

中綴じ冊子のデータ作成は「見開き・ノド・小口・ページ数」を意識してデザインする

中綴じとは

中綴じ(針金綴じ)

中綴じとは、見開きのページを二つ折りにして、真ん中を針金で留める製本方法です。
パンフレットや取扱説明書、週刊誌や雑誌に中綴じ製本がよく使われています。他にもプレゼン資料、講習会資料、テキスト、試験問題などの冊子印刷にもおすすめです。

中綴じ冊子ができる印刷設定のあるプリンター、コピー機を使って、オフィスや学校で中綴じ冊子を作ったことがある人も多いのではないでしょうか。

 

中綴じ冊子 ページ数のルール

中綴じはシンプルな製本方法で軽量で持ち運びやすい冊子を作ることができます。

ですが、あまり多くの紙を重ねると針金で綴じきれなくなり、小口(本を開く側、裁断面)が開いて不恰好になってしまいます。中綴じ冊子は40ページ前後の比較的ページ数の少ない冊子に適しています。対応ページ数は印刷会社によって異なりますが、イシダ印刷では4~40ページの中綴じ製本に対応しています。

ページ数の多い書籍、冊子は無線綴じ製本で作ります。
(イシダ印刷の無線綴じ製本は6~800ページ)

 

中綴じ冊子のページ数は「4の倍数」というルールがあります。
二つ折りの紙、つまり4ページ分の紙を綴じる製本方法のため、中綴じ冊子のページ数は必ず4の倍数になります。

中綴じ冊子の入稿データも、本文の総ページ数は4の倍数になるように作成します。4の倍数にならないときは、白紙ページを入れたり、レイアウトやコンテンツを調整して4の倍数で完成させたデータを入稿しましょう。

 

中綴じとは?面付けやページ数のルール、印刷価格について

無線綴じと中綴じはどう違う?印刷価格や特徴を比較して使い分ける

 

中綴じ冊子のデータ作成① 見開きを意識したレイアウト、デザイン

中綴じはシンプルでお手軽な製本方法

中綴じは見開きが180度開きます。

見開きでの印象をイメージしながらのレイアウト、デザインを基本とします。

 

ページ数の少ない冊子は、見開き一つ一つの存在感が大きくなります。セクションが見開きの左右で分かれないように構成を考え、台割りを決めます。

原稿データを作る時は、単ページではなく見開きでページを並べた状態で作業を進めましょう。図版の位置や文字量のバランス、タイトルの大きさなど、実際に冊子になったイメージを具体的にして制作します。

 

中綴じ冊子のデータ作成② ノドと小口を意識して印象的にバランスよく

本や冊子の原稿データは、1ページを「上・下・左・右」で考えるのではなく、「上・下・ノド・小口」と考えて作成します。

 

中綴じは見開きがじゅうぶんに開いて、ノドが隠れる部分が少なく、左右のページをまたいだレイアウト、デザインが可能です。
図や写真を見開きの中央に配置して、ノドを中心にした構成も考えられます。

ただし、文字や人物の顔をノド付近にかからないようにしましょう。

ノドと小口を意識する

無線綴じのノドには注意

ページ数の多い無線綴じの場合、ノドが隠れて数ミリ見えなくなってしまいます。中綴じに比べてもより慎重に、ノドの付近に重要な文字を置かず、図や写真を見開き中央でまたぐようなレイアウトも避けます。特に、文字のある図表、人物の表情がノドにレイアウトされないよう注意が必要です。

無線綴じのノド側の余白は20~25mmに設定すると文字が隠れたり、曲がったりせず読みやすくレイアウトできます。

 

無線綴じの余白は「ノド」に注意!余白は何mmに設定すればいい?

 

中綴じ冊子の紙選び 表紙と本文は同じ厚みの紙でもOK

冊子の表紙に選ぶ紙は、基本的に本文より少し厚い紙を使います。
表紙は本文を保護する役割も兼ねているため、丈夫で耐久性のある紙であるほど、本全体の強度、保存性も高まります。

 

特に無線綴じの場合は、本文の束を表紙でくるんで製本用の特殊糊で圧着するので、本文より厚い紙を表紙に使って背表紙に強度を持たせます。薄い紙でも表紙はできますが、耐久性は下がるため、軽くて簡易な冊子に採用されています。

 

中綴じは、パンフレットや説明書、資料など用途に軽さや扱いやすさが求められる冊子が多く、表紙と本文を同じ厚さの紙で作る冊子が多い製本方法です。表紙も本文も一緒に重ねて綴じるので、背表紙はなく、冊子全体の一体感があります。

 

プレゼン資料や講習会資料、試験問題などは一般的なコピー用紙の厚さと同じ上質紙の70Kで表紙と本文を選ぶことが多いです。
ちなみに紙は薄い方が価格が安くなります。表紙と本文を同じ紙、薄めの紙にすることによって、印刷費のコストダウンにもなります。

 

【社内研修資料・プレゼン資料】資料印刷の印刷価格3パターン、今より安い?

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

本日ご注文で最短12月10日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから