株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

2月~3月は繁忙期となり、納期や部数など、ご注文を制限させていただく場合がございます。
期間中はお早めのご注文手続きをお願い申し上げます。
---
能登半島地震の影響による商品のお届けについて

入稿データがイメージどおりに印刷されない理由

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

いまやほとんどの方がパソコンのモニターを見ながら原稿を作成し、ネット印刷ならそのままPDFに書き出して入稿することも多々あるでしょう。

しかしモニターの解像度は紙の印刷よりかなり粗く、さらに色合いも違います。それゆえに、モニターでは「よく見えない」部分が多々あり、印刷物がイメージと違う仕上がりになってしまうことが生じます。

 

いつのまにか解像度が低くなっている

Wordの設定で、貼り付けた画像の解像度が自動的に下がる場合があります。

macの場合は「ファイル」→「ファイルサイズの圧縮」ウィンドウ。

windowsの場合は「ファイル」→「オプション」→「詳細設定」を開き、「イメージのサイズと画質」で確認できます。

「画像の品質」または「イメージのサイズと品質」で300ppi以上に設定されている必要があります。

 

解像度不足は、モニターで作業していると意外と気付きません。パソコンのモニターの解像度はモニター自体の大きさとピクセル数によって様々ですが、50~100dpi程度です。モニターが100dpiなら、300dpiの画像を見ていても、100dpiの画像を見ていても、鮮明さが同じです。しかし、印刷すると100dpiではぼやけてしまうのです。

 

全然違う色になってしまう

モニターは光の集合体なので、色はRGBの3色の光の加算混合で表現されます。一方、印刷はCMYKの4色の減算混合なので、表現できる色の幅が違います。

蛍光色に近いピンクや黄緑、オレンジ、水色などを多用していると、印刷物がぐっとくすんだ印象になってしまいます。IllustratorやPhotoshopはCMYKモードで作業していれば問題ないですが、WordはCMYKモードを選べないので、色の選択に注意しましょう。

▼ RGBとCMYKの違いについて詳しくはこちら

RGBとCMYKの違い 画面と印刷で色が変わってしまう理由

 

RGBとCMYKの違い

 

印刷されない色がある

高精細のモニターを使用している場合、薄い色がきれいに見えすぎてしまう時があります。高性能のモニターは、解像度は印刷物に及ばなくとも明るい色の再現性に長けていて、印刷で表現のできない淡くて明るい色合いを綺麗に見せることがあります。

印刷では5%未満の色アミは消えてしまう可能性が高いです。(色アミとは、C100、M100、Y100、K100以外の数値の色、またはそれを混色したものをさします。)

0.5pt未満の罫線に薄い色を使うのも危険です。印刷は小さなドットの集合体なので、面積が小さいと線が途切れたように見えてしまうのです。

 

以上のミスは気をつけて作業をしていても、うっかり見落としてしまいます。できれば、入稿する前にプリンターなどで紙に印刷してみるのをおすすめします。しかしプリンターの機種によっては色の再現性が低かったり、解像度が低かったりするので、仕上がりにこだわりたい方は「試し刷りサービス」もおすすめです。

 

試し刷り

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短3月6日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから