株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

冊子に写真を活用しよう! ~写真と印刷の豆知識(2)

冊子に写真を使おう前回に続き、写真に関するお話です。「画素」「ピクセル」ときたら「解像度」という言葉も同時に頻繁に使われますね。「解像度」とは、画質のきれいさ(なめらかさ)を表す数値のことをいいます。数値が大きければ大きいほど、密度が濃いきれいな画像ということになります。

「解像度」は「dpi(ドット・パー・インチ)」という単位が使用されます。1インチ(2.54cm)にどれだけドット(ピクセル)が入っているかを表しています。

解像度とは、画質の滑らかさ(密度)を表す尺度(数値)の事です。数値が大きい程、きめ細やかで密度が高いという事になります。時々画像の粗い写真を見かけることがあると思いますが、よく見ると小さな点のような粒の集まりだということが肉眼でもよくわかるのではないかと思います。

この「dpi」ですが、例えばパソコンのディスプレイに採用されている代表的な数値は72dpiや96dpiとなっています。これは1インチの長さの中に72個のピクセル、または96個のピクセルが表示できるということで、ディスプレイによってこの数値は変わってきます。スマホなどの新製品が従来のものより写真を鮮明に表示できるのは、このピクセル数が多い、つまり「dpi」の数値が大きいからというのがその理由です。

印刷に最適な画像サイズと「バイト」への換算方法

パソコンなどディスプレイに表示されている画像の「dpi」はこのように決まっていますので、これをそのまま紙に印刷するためにウェエブサイトなどからそのまま保存して使用することがほとんど不可能だということが少しおわかりいただけたかと思います。

では本などに印刷するために必要な写真はどのくらいのサイズが必要なのでしょう。

例えば縦5cm×横10cmの大きさで本に写真を掲載したいとします。その際に必要な写真のサイズを計算してみましょう。

 

1 5cm×10cmをmm(ミリメートル)に換算しますと、50mm×100mmとなります。

2 印刷に適した画像データの解像度は300dpi~350dpiと言われています。今回は350dpiとして計算すると、350ドット÷25.4mm(1インチ)=約13.7ドット/mm

3 掲載サイズから必要なドット数を割り出します。

50mm×13.7ドット/mm = 685ドット

100mm×13.7ドット/mm =1370ドット

 

従って縦685ドット(ピクセル)×1370ドット(ピクセル)のサイズ以上の画像データ

であれば、印刷してもきれいな写真になるということです。

ところで画像データは「KB(キロバイト)」「MB(メガバイト)」などという単位で保存されているのをよく目にされるのではないかと思います。このファイルサイズに換算するには、685ドット×1370ドットを3倍します。なぜ3倍するかというとフルカラーの場合はRGB(赤・緑・青)の3色あるからです。

従って685ドット×1370ドット×3=2815350バイトとなります。

1KB=1024B、 1MB=1024KBですので2815350÷1024÷1024=2.68…。つまり約2.68MBの画像となります。

 

2回にわたって本に掲載するための写真データについて解説しましたが、いかがでしたか。画像サイズによって本に掲載した時にいかにきれいに鮮明な写真になるかが変わってきます。ご相談はぜひイシダ印刷までお気軽にお問合せください。

冊子印刷 / 製本の 仕様価格例

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

入稿データの作成10%OFF

入稿データの作成10%OFF

【8月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから