株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

冊子レイアウトの基本 その2

綴じ方

原則的に縦書きは右綴じ、横書きは左綴じです。横書きは左から右へ文字を読むので、ページの進行方向が右になる左綴じが読みやすく、縦書きは行が右から左へ進むので、ページの進行方向が右になる左綴じが読みやすいのです。

ここでファッション誌を思い浮かべてみてください。ページによって横書きのレイアウトもありますが、全て右綴じになっています。横書きは、文字の流れは左→右だけれど、行の流れは天→地なので、一ページの中で情報が完結していれば綴じ方が逆でもあまり気になりません。しかし縦書きの場合は行の進行方向が右→左のため、ページの進行方向が真逆だと読みにくいのです。

横書きと縦書きが混在する原稿の場合、原則的に右綴じが採用されるということを覚えておきましょう。

 

縦書き・横書きでの違い

 

 

紙面の構成要素

まず、余白を「マージン」と表現します。A4の冊子なら、四方の余白は20mmもあればすっきりしたレイアウトになります。四方とも同じマージンで作るのが一般的ですが、ページ数の多い書籍だとノドが隠れるので、ノドのマージンを多めにとると読みやすくなります。

マージンで囲まれた、本文を配置するスペースを版面と呼びます。論文集や報告書ならそれぞれの文章のタイトル、作者等の情報を版面の上の方に置き(縦書きの場合は右)、本文や図版を配置します。この時版面ぴったりに文字を配置するとマージンが美しく見えます。折角マージンを設定しても、中身がパラパラして余白が目立つと不規則な印象になってしまいます。

また、図版と説明文の関係性の基本形も決めておきましょう。あるページでは図版が左、説明文が右なのに、別のページでは逆になっていたりすると、読者が関係を把握しづらくなってしまいます。

マージンを設定した後、必ず設定したいのがページ番号です。「ノンブル」と呼ばれ、版面の外側に小さくレイアウトされるのが一般的です。ページ番号をきちんと記載すると、製本の際の乱丁、落丁も防ぐことができます。ページ番号は表紙を「1」、表紙の裏を「2」として本文1ページ目を「3」から始める場合もありますが、「1」から始めても問題ありません。

ノンブルに色をつけたり、ラインや図形を配置して遊ぶとお洒落な印象の冊子になります。

章タイトル等を小さく記載する「柱」も、論文集や学習テキストなどでは必須です。ページ数の多い冊子では、どの章を読んでいるのか見失いがちになりますが、柱がきちんと設定してあればどの章のどの部分を読んでいるのかすぐに分かります。

ノンブルの横にレイアウトする場合もありますし、ページの天の近くや、小口側に小さく配置することもあります。

紙面の構成要素

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 フリーダイヤル:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから