株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

4月13日午後からお支払い手続きが一部変更になりました。
ご利用いただく前に「お支払いについて」をご確認ください。

冊子印刷の本文用紙を「紙の厚さ」から選ぶ!ページ数、用途別に解説

冊子印刷で大事な紙選び。

質感、価格それぞれで選ぶポイントをご紹介してきました。

 
今回は「厚さ」を基準に印刷製本に使う用紙の選び方です。

本文に適した用紙の厚さは?

本文に適している用紙の厚さは、

  • 上質紙 55K~90K
  • コート紙 90K~110K

パンフレットやカタログ、テキスト、写真集、広報誌などは、色々な厚さの紙を使っていますが、大体この範囲(用紙種類のページにリンク)に収まっています。

【 イシダ印刷の取り扱い用紙の厚さ 一例 】

【イシダ印刷の取り扱い用紙の厚さ 一例】

この表で注意したいのは、同じ90Kでも紙の種類によって厚さが違うところです。90Kの「K」という数字は重さを表現しているので、数値は同じでも密度の高い紙ほど薄いのです。

コート紙の90Kは一見分厚そうですが、指で触ってみると、上質紙の55K~70Kくらいの感覚です。

 
「K」とはKgを意味しており、全紙100枚分の重さを表しています。

紙を裁断する前の、一番大きい基本サイズのことを「全紙」といいますが、この全紙も四六判、菊判など複数の異なる大きさがあり、当然ながら重さも変わります。
菊判の方が四六判より小さいので、同じ厚さの紙でも四六判なら90K、菊判なら62.5Kと表記されます。
ややこしく思えますが、紙の一枚の厚さを正確に計測できないので、合理的な表記といえます。

イシダ印刷の用紙の厚さの表記は「四六版換算」です。
他社様の料金表や、用紙見本などで、菊判の厚さ表記と混同しないようご注意ください。

ページ数の多い、分厚い冊子には薄くて軽い本文用紙を

冊子の紙選びは好みによって様々ですが、論文集や追悼集、自費出版の小説や随筆集など、分厚い読み物には上質紙か書籍用紙の薄いタイプの用紙を使用しましょう。

 
ページ数の多い冊子は、紙選びで本の厚みが大きく変化するので、背幅計算ツール(無線綴じ用)を使ってシミュレーションしましょう。
 

実際の本の厚さをシミュレーション

イシダ印刷で製本できる最大ページ数、無線綴じ800ページの場合、表紙をコート135Kにして、本文を一番薄くて軽い上質紙55Kにすると、本の厚さ(背幅)は33.9mmです。
(コート紙は比較的重いので、文字が中心の冊子には上質紙か書籍用紙を選ぶと良いでしょう。)

 
黒ベタや濃い色の図版が多い場合、55Kだと裏移りが気になる、という場合は70Kにします。
そうすると、背幅は40.3mmになり、7mm分厚くなります。一冊で7mmでも、100冊に重ねれば700mmです。
保管場所、輸送手段によっては、この厚みの差が徐々に重荷になることも……。

 
分厚い冊子には、可能な限り薄い紙」と覚えておきましょう。

書き込みをする冊子の本文用紙は少し厚めに

楽譜や教科書、講習会のテキストなど、鉛筆やペンでの書き込みが想定される冊子は、上質紙や書籍用紙の中でも厚いものを選びましょう。

 
厚さ90Kほどあれば十分ですが、ページ数の少ない楽譜などは、もう少し厚い110Kを使うと、譜面台に立てた時に安定感があります。

写真集、作品集、ページ数の少ないパンフレット・カタログの本文用紙は厚めに

紙の厚さは、厚みが増すほど価格が上がりますが、重厚感、高級感を演出しやすいメリットがあります。

 
特にコート紙は、厚さによって雰囲気ががらりと変わります。
薄いものはチラシや週刊誌、厚いものは写真集や画集、ラグジュアリーなパンフレットに適しています。

よほどページ数の多いものでないかぎり、重厚な雰囲気を持たせたい冊子には110K以上を使用するといいでしょう。

表紙の用紙選びの記事まとめ

表紙の用紙選びは、本文とは違った基準で選ぶことになります。
選ぶポイント、用紙ごとの価格シミュレーションをそれぞれ記事にしました。

表紙用紙の種類と選び方、使い分け

冊子印刷に最適な表紙用紙を価格で比較!


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。


かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

仕上がりが気になる方は試し刷り!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

出荷予定カレンダー

原稿確定日をクリックしてください。
※受付時間: 12:00 (正午) 
この時間を過ぎると翌営業日の受付となります
※原稿確定日:ご入稿いただいたデータが印刷可能な状態であることを指します。
※試し刷りを選択された場合、見本ご確認後お返事いただいた時点で「原稿確定」となります。

2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2020年6月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

入稿・入金完了日がの場合

超特急コース(2営業日)
特急コース(3営業日)
標準コース(5営業日)
ゆったりコース(7営業日)
超ゆったりコース(10営業日)

の発送になります
の発送になります
の発送になります
の発送になります
の発送になります

・超特急コース(2営業日)
    の発送になります
・特急コース(3営業日)
    の発送になります
・標準コース(5営業日)
    の発送になります
・ゆったりコース(7営業日)
    の発送になります
・超ゆったりコース(10営業日)
    の発送になります

以下は別途日数をいただく場合があります
・見返し加工を行う場合
・PP加工を行う場合
・部数やページ数が極端に多い場合
・データに不備がある
・ご注文が混み合っている時期
・土曜日、日曜日、祝日は含まれません

かんたんお見積もりフォームはこちらから

ご注文・お見積もりはこちらから