株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

印刷価格のポイント 折丁と台数 2

印刷価格のポイント 折丁と台数現在流通している本や雑誌はページ数の小さい冊子を何冊も重ねて綴じられたものです。例えば大きな紙に表裏8ページずつ面付けして印刷し、紙の両端を揃えて二つ折りして、それを90度回転させて二つ折りにし、また回転させて二つ折りすると16ページの冊子が簡単に出来上がります。面付けの向きと順番、折り方の向きが正しくないとページがぐちゃぐちゃになってしまうので、自分で作ってみたい時は設計図をきちんと書きましょう。

・台数

この16ページの小冊子を折丁といい、折丁を数える単位を「台」と言います。台数は印刷にかかるコストを計算する時の重要な単位になります。折丁を作るためには紙に印刷するコストだけでなく、製版するコスト、折るコストもかかるので折丁の数ごとに価格が上がっていきます。ひとつややこしいのは、8ページでも4ページでも折丁という点です。A4サイズのページを8枚面付けして16ページの折丁を作っても一台、A3サイズのページを2枚面付けして4ページの折丁を作っても一台とカウントします。

・台数計算

冊子を作る時に、折丁のページ数と台数を計算することを「台数計算」と言います。折長は基本が16ページなので、例えば200ページの台数計算の時はまず16で割ります。200÷16=12と余り8 すなわち16ページが12台と8ページで構成されていることになります。残りの8ページも片面4面付けで折丁にすると、200ページの冊子は16ページが12台、8ページが1台で構成されていることになります。印刷をする技術者はまずこの台数計算を行い、台割表を作ってミスのないように効率的に作業を行います。

折丁の最大のページ数は16ページなので、16で割り切れるページ数の冊子を作れば最小限の手間とコストで済みます。小説本などは、無駄のない台数で作るためにあえて白いページを挿入したりします。

 大量の紙を使って数百冊、数千冊を刷るオフセット印刷は効率が命で、様々な工夫を凝らした工程で作られています。折丁と台数を理解すると、16という数字が重要だということが分かりました。流通している冊子のページ数を数えてみると、16で割り切れるものが数多く見つけられるでしょう。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 フリーダイヤル:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから