株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

右綴じ・左綴じ

綴じ方向冊子を作る時は、まず右綴じか左綴じかを考えなくてはいけません。原稿を作る時は、一ページの中でどうレイアウトするかを考えがちですが、冊子は見開きでどのように情報を見せるかが重要になります。右綴じは視線が右から左へ、左綴じは視線が左から右へ向かうので、写真の配置やイラストの向きなど、視線の誘導を意識すると読みやすい冊子になります。

右綴じ、左綴じのルール

基本的に右綴じが縦書きで、左綴じが横書きです。

しかし、写真集やアルバム、画集などで、時折縦書きの詩やキャプションが入っていても、ビジュアルがメインのページ構成なら左綴じにすることが多いです。画集や写真集は洋書のイメージが強いためか、左綴じの方が読者にとって馴染みやすい形です。

縦横混在原稿

論文集や追悼集など、複数人の原稿を集める場合、横書きと、縦書きが混在する場合があります。そうした時は、右綴じにするのが冊子のルールです。ファッション誌などは、縦書き、横書きが混在した複雑なレイアウトを使っていることが多いですが、必ず右綴じです。特集ページやインタビューなど、複数ページに渡るコーナーは縦書きにして、巻末のコラムなど、横書きのコーナーは一ページ以内におさまるようにしています。

右綴じの場合は、右から左へ読んでいくので、横書きの原稿が複数ページに渡っていると、どちらから読めばいいか分からなくなってしまうのです。卒業アルバム、卒園アルバム、コンサートプログラム、会社案内など、ビジュアル要素の強い冊子は、縦横混在で作る場合は縦書きをメインに構成しましょう。

論文集の場合

しかし、内容のボリュームがコントロールしづらい論文集の制作の際は、縦書きも横書きも複数ページに渡ってしまう場合があります。そういう時は、縦書きの原稿を最初にまとめて、横書きの原稿を最後にまとめて、どちらからも読み進められる構成にします。テキストや資料集なども、そういった体裁になっているものがあります。

フォーマットを作ってどちらかに統一すると編集が楽になりますが、例えば縦書きの古文書などを頻繁に引用する論文は縦書きのままが読みやすいですし、英単語の多い論文は横書きでないといけません。追悼集に関しても、それぞれの作者の意向を尊重したいところです。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから