株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

地図や年表を見やすくする「片袖折り」 ~オプション加工について知ろう(2)~

片袖折り御見積フォーム」の中の「オプション加工」についての続きです。
「扉」の次に出てくるのは「片袖折り(Z折り)」という項目です。もしかしたら聞きなれない名前かもしれません。今回は活用していただければ冊子づくりの幅が広がる、この「片袖折り」について解説しましょう。

「片袖折り」とは読んで字のごとく、片側を折り込む加工のことです。「片袖折り(Z折り)」の「Z折り」とは、折った部分が「Z」の文字のように見えるように折り込んだものをいいます。
あるページの長い部分を約3等分になるよう、一度谷折りし、さらにまた山折して少し開くと、紙がアルファベットの「Z」のように見えます。これが「片袖折り」と呼ばれる加工です。

イシダ印刷の場合はこのオプションを選択していただくと、さらに「モノクロ片面」「カラー片面」「モノクロ両面」「カラー両面」の4種類の中から選べるようになっています。この「片袖折り」は1冊の中で5枚まで挿入していただくことができますので、冊子としても本格的な仕様になるこの「片袖折り」をぜひご活用ください。

年表や地図を最大限に生かす「片袖折り」の魅力

ところで、「片袖折り」といって私がまず思い浮かべるのは、小・中学生の頃に使っていた歴史の教科書の一番最後のページに綴じ込まれていた「年表」です。折り込まれている年表を開くと「縄文時代」「弥生時代」…とズラーっと年代やできごとがびっしりと書き込まれています。

このように、冊子の中でも本文とはまた別の用途として使われる「年表」などは片袖折りの使われ方としてはポピュラーだと思います。何ページにもわたってしまう年表や表などはページを繰って読むには不便ですから、パッと全体を見渡すことができる片袖折りは最適な利用方法です。

また、観光ガイドブックなどの巻末に織り込まれている地図も、よくこの片袖折りが使われています。地図はできるだけ大きな範囲で見渡したいものですから、片袖折りを生かしていますね。同じように設計図や回路図、家系図などにも片袖折りがよく使われます。

片袖折りは、そのページだけを切り取って1枚の紙として持ち歩くこともできるという点でも有効です。大きな地図は、本の間に挟み込んでもよいのですが、その分費用も手間もかかってしまいます。片袖折りにしてページの一部として折り込めば、それほど費用が高くなることはありません。
両面カラー加工もできますので、自分史の中に「思い出写真館」として片袖折りを挟み、そこに写真を集めてみるのもよいですね。ページを広げて見られるので、より写真が見やすく、映えるのではないでしょうか。

より魅力的な「片袖折り」加工の活用について、ご質問やご相談はぜひイシダ印刷へお気軽にどうぞ!


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00 土曜日10:00~15:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

冊子印刷 / 製本の 仕様価格例

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

入稿データの作成10%OFF

入稿データの作成10%OFF

【8月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから