株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

増刷と復刻の違い

増刷と復刻の違い増刷、再版、重版、再刊などの印刷用語はそれぞれ意味が微妙に違いつつも、同じような使われ方をされています。

いずれも初版の版下データを使用し、時に微修正を加えて、同じ仕様の本を再び作ります。増刷する時期は、たいてい初版発行時からさほど離れておらず、発行人や出版社も変わりません。

復刻版

在庫がなくなった冊子を再び印刷するという点は同じでも、行程や意味合いが全く違うのが「復刻」です。

大抵の場合、元の本が発行されてから長い年月が経ち、版下が残っておらず、原本を模して新たに版を起こして再発行します。

絶版になっている書籍と、装幀や紙質なども全く同じになるように再現します。

原本がオフセット印刷ではなく、一昔前に主流だった活版印刷や、木版画などの技術で印刷されていた場合に「復刻」と銘打たれることが多いです。写真製版で本文の版面を正確に再現し、時には古い紙の質感まで模して作ります。

アナログな写真製版

写真製版はアナログ製版とも呼ばれ、写真と同じように感光剤が塗られたフィルムを用います。

DTP技術が発達する前の印刷では、写真や文字を台紙に貼り込んでフィルムに焼きつけてから刷版を作りました。現在ではデザイナーがパソコンのソフト上で文字も写真もイラストもレイアウトしてしまいますが、写真製版の時代は刷り上がるまで完成形が見えなかったのです。写真や文字を張り込む作業はコラージュにも似ていて、フィルムに直接傷をつけたり色をつけたり、様々なデザイン的な実験が行われました。

現在のオフセット印刷は、デジタルデータをそのままレーザーで焼き付けて製版するので、デザイナーは常に完成形を見ながら作業をしています。

さらに希少価値の高いファクシミリ版

古くて歴史的価値の高い書物を再現したものをファクシミリ版といいます。手間と費用がかかるので、一般的な出版活動というよりは、美術品の複製に近いでしょう。古書や古地図、版画などを、全く同じ内容で作るだけではなく、本の傷や痛みまで再現します。部数は少なく制限され、一般的な美術書よりも高額で取引されます。

ラテン語の “fac simile”から派生した用語で、似せて作るという意味です。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 フリーダイヤル:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから