株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

文庫の紙質を徹底検討

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

トップ画像

文庫本とは、A6判(148✕105mm)の小ぶりな本のことです。岩波文庫、新潮文庫、文春文庫、集英社文庫など、様々な出版社が文庫を制作しています。装丁が個性的な単行本と違って、同じサイズと紙質で統一されているので制作コストが低く、安い価格で販売できるのが最大の特長です。サイズは出版社ごとに数ミリ異なりますが、概ねA6です。

 

文庫本の本文用紙の特徴

文庫本は一般的に大量生産され、広範囲に販売されることが多いため、印刷コストや輸送コストの削減が求められます。また、読み手にとっても持ち運びのしやすさが大事なので、文庫本の用紙は薄くて軽い素材が選ばれることが一般的です。

銘柄は出版社や本のジャンルによって違いますが、文庫本といえば大抵淡いクリーム色の薄い用紙が使われています。「書籍用紙」と呼ばれるジャンルの紙です。

上質紙と同様にパルプの質感が生かされた、余計な光沢のないプレーンなさらさらした紙です。上質紙よりもやや滑らかな触り心地で、裏移りも軽減されており、72.5Kの薄い紙でも裏の文字が邪魔したりしません。

図鑑など、稀にカラーの図版が使われる冊子の場合は、コート紙やマットコート紙などのつるつるした紙も使われます。

 

書籍用紙が文庫本に向いている理由

イシダ印刷の書籍用紙の正式な品名は、日本製紙様「琥珀N」です。

琥珀N|印刷出版用紙|日本製紙グループ

書籍用紙はクリーム色の地色がついていることで、黒い文字とのコントラストをやわらげ、目に優しい本を作ることができます。

 

また、紙の劣化や退色の少ない中性紙なので、長期保存にも適しています。小説やエッセイなど、本は何十年にもわたって読まれることが想定されているので、いくら安価でも耐久性の低い紙は使いません。

 

書籍用紙のバリエーション

市販の文庫本に最も近い質感の用紙は「書籍用紙 71.5K」ですが、イシダ印刷は他にも「ラフ書籍」「ホワイト書籍」という書籍用紙があります。

まず、書籍用紙の主な特徴は以下のとおりです。

 

書籍用紙

  • 色 : 淡いクリーム色
  • 重さ : 72.5kg
  • 厚さ : 約0.10mm
  • 質感 : なめらか

 

ホワイト書籍

詳細な銘柄名はソリストホワイトです

  • 色 : 書籍用紙よりも白に近いクリーム色
  • 重さ : 65.5kg
  • 厚さ : 約0.13mm
  • 質感 : しなやか

ソリストホワイトはナチュラルで上品な白さで、内容を選びません。上質紙や書籍用紙に比べると、柔らかくて繊維の密度が低い「嵩高」の紙です。少ないページ数でも冊子の厚みが出せて、高級感のある仕上がりになります。

 

ラフ書籍

詳細な銘柄名はラフクリーム琥珀です。

  • 色 : 書籍用紙よりもやや濃いクリーム色
  • 重さ : 71.5kg
  • 厚さ : 約0.125mm
  • 質感 : 柔らかい

その名の通りやや繊維の凹凸感が感じられるラフな質感で、嵩高です。こちらもページ数が少なくても冊子に厚みが出せるので、詩集やブランドブックなど、コンパクトだけど存在感を出したい冊子におすすめです。

 

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短6月4日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから