株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

本に帯をつける意味とは? 保管したくなる帯作りのコツ

イシダ印刷では、オプション加工としてブックカバーと帯をつけられます。カバーは別で印刷する方も多いですが、同じ印刷所で作れるなら一箇所で済ませた方が手間もコストもかかりません。

無線綴じ、縦型A5以下の冊子で選べるオプションです。

同人誌、文芸誌、自分史、自費出版の小説、企業の周年誌、ムック、カタログなどなど、幅広い読み物に使えます。

カバーと帯の役割

カバーとは、書名、著者名などの情報が記載された、表紙と同様の役割を持つものです。商業書籍の小説などは大抵カバーがついています。カバーのデザインや紙選びは、本の見た目を大きく左右するので、デザイン好きな方は是非好きな柄にデザインしてみましょう。

また、本の保護にも重要な役割を果たし、保存環境が悪かったり持ち運びで表面が汚れたとしても、内側の冊子の劣化が防げます。そしてカバーを付け替えることで新品同様に蘇ります。

帯で目立つ本作り

イシダ印刷では帯とカバーは別々のオプションになっており、カバーだけ、帯だけ、帯とカバー、両方が選択できます。

商業書籍では、カバーにタイトルや著者名が書かれて、帯にはキャッチコピーやあらすじ、推薦コメントなどが書かれることが多いです。帯はちょっと特別な情報が書かれているという印象があり、帯がついた本を見ると、ついつい帯に何が書いてあるのか読みたくなります。

自費出版や同人誌でも、人に配ったりイベントで配布する際に帯がついていると、読者の興味を強く惹きます。

帯に記載すべきこと

キャッチコピーや推薦文があれば、大きく載せましょう。

帯に記載すべきこと:キャッチコピーや推薦文があれば、大きく載せましょう。

また、帯を表紙の一部のように使うデザインも近頃はよく見かけます。ただの表紙やカバーとの違いは、表面に段差が出ることによって、デザインに立体感が出て目立つという点です。人より少し変わったデザインを試したいという方におすすめです。

ただの表紙やカバーとの違いは、表面に段差が出ることによって、デザインに立体感が出て目立つという点です

> 帯作りについてはこちらも参照ください。

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短5月15日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから