株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

本の装丁「扉」のデザイン、表紙、表紙カバーと同じにする理由とは?

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

オプション加工 扉(中扉の例)

本の装丁「扉」のデザインをどうするかというのは、本を作るときになって初めて意識する問題ではないでしょうか。
自分でいざ本を作ろうとすると、本文以外のところで悩むことが少なくありません。

 

扉のしくみ

本・冊子の扉(とびら)

本文の前に位置する部分を「前付(まえづけ)」といい、本扉(題扉)は前付を構成する要素のひとつになります。

具体的には扉は本文の前、表紙のあとにくる最初のページのことであり、見返しがある場合は(見返しの遊びを除いて)その次にくるページが本扉にあたります

 

前付けは、扉のほかに献辞・口絵・序文・凡例・目次・図版などで構成されます。

本の扉(とびら)とは?役割や使い方のコツ、印刷価格~オプション加工について知ろう(1)~

扉のデザイン

本扉のあとに「まえがき」や「目次」がくるのは多くの書籍に共通していますが、本扉の体裁は本によって異なります。
そこで流通している書籍の本扉がどうなっているか調べてみたところ、

 

「多くの書籍の本扉は「書名」「著者名」「出版社名」が印刷されているが、なかには表紙(または表紙カバー)とまったく同じデザインが印刷されているものもあり、それらのほとんどが実用書、または読みものである」

ということが分かりました。

さらにはジャケット(表紙カバー)と表紙(表1)と本扉の3面がまったく同じ場合もあるようです。

 

表紙カバー、表紙、扉のデザインを同じにする理由とは?

表紙のデザインはいわば本の顔であり、読書のモチベーションにも大きく関わってくるものですが、一冊の本にいくつも同じ顔を配置するのはなぜでしょうか。

 

一般的に、表紙カバーが付いていれば表紙カバーのデザイン、表紙カバーが付いていなければ表紙(表1)のデザインが本の顔にあたります。

実用書や読みものは内容の性質上、表紙カバーを外して読まれることも想定して、読んでいる本の顔が分からなくなることを防ぐために、本扉にも同じものが採用されているのかもしれません。

 

扉、表紙カバーをつけた印刷製本

イシダ印刷の印刷製本では、無線綴じ冊子に表紙カバーをオプション加工で追加できます。
表紙カバー、表紙、扉を同じデザインでのご注文、ご入稿も多数承っております。

作りたい本の分野が実用書や読みもので、本扉のデザインに迷ったら、表紙と同じデザインを採用してみてはいかがでしょうか。

扉(とびら)

ブックカバー印刷、帯印刷


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。


かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短6月3日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから