株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

校正の方法 6つのコツと手順

校正のコツとポイントとは?
前回の記事「冊子制作に欠かせない校正について 校閲との違い、ゲラとは?」では校正の意味、基本や成り立ちについてお話しました。

心をこめて一生懸命作った本にもし間違いがひとつでもあったら・・・と思うとちょっとこわいですよね。
一度印刷して製本してしまうと、かんたんには修正できないのが紙で作る本や冊子です。

 
そこで、今回は皆さまが本づくりをするにあたってぜひ行っていただきたい「校正」の方法やコツ、ここは抑えておきたいというポイントについてお話したいと思います。

校正の手順

出版社や制作会社などで行われる校正の大まかな流れです。

初校

1.ゲラ刷り
原稿を本印刷前に試し刷りします。

2.突き合わせ
元原稿とゲラを読み比べます。
「赤字入れ」といってゲラに赤ペンで修正内容を校正記号を使って書き込みます。

3.素読み
ゲラだけを読み、誤植や、違和感、不具合を感じるかチェックします。

 

再校、三校、四校・・・

前の校正と、校正を反映したゲラを突き合わせ、修正が行われているか、新たに発覚した誤りはないか繰り返し校正を行い、精度を上げていきます。
 

著者校

著者自身が確認し、校正が意図せぬ表現になっていないか見ます。
 

青焼き、色校正

製版指示の確認する青焼き(青写真)、色合いを確認する色校正を行います。
 

校了

校正作業が完了し、本印刷に移って差し支えない状態になったことを指します。

責了」という用語もありますが、こちらは責任校了の略で、軽微な修正箇所のみで再校を必要とせず、印刷所で校了にすることです。

精度を上げる!校正の方法

校正担当や部署での校正ではなく、執筆者本人が行うことも多くあります。
そのような、個人で校正を受け持つときに役立つポイントやコツを6つ、ご紹介します。

1 時間をあけて読み直す

自分で書いた文章を読み直すタイミングは、できれば1日以上時間をおいてから読み直してみてください

書いている最中や書き終わった直後というのは高揚感もあり、自分の作品世界に浸っています。

なかなか客観的になれないので、おかしな言い回しや間違いに気づきにくいものです。落ち着いて自分で読み直すには、一旦原稿をから離れ、時間をおいてからにしてみましょう。

 

2 プリントアウトした原稿と突き合わせをする

校正刷りが手元にきたら、まずは最初に書いた原稿とひと文字ひと文字をつき合わせて確認しましょう。

原稿はパソコンの画面で見るのではなく、必ずプリントアウトし、紙と紙を重ねるようにつき合わせするのがコツです。
パソコンの画面はどうしても手元から離れてしまいますし、スクロール作業もあり、画面と紙との往復は集中しにくいものです。

意外に見落としやすいのが、見出しや目次。
大きなサイズの文字を使っているところ、余白をとってレイアウトしてる文字など注意です。

 

3 表記を統一する

同じ言葉でも、文章の最初に出てきたものと後の方に出てきたもので違っていると本としての統一感がなくなってしまいます。

例えば「わたしは」「私は」「わたくしは」など、同じ自分を指す言葉の表記や表現が一冊を通して混在しないようにしましょう。

 

4 事実確認をする

原稿どおりに刷り上がっているとしても、地名、社名や個人名、施設名、電話番号、住所、営業時間などは、いま一度名刺やホームページなどの元の情報と合っているか表記やプロフィールを確認しましょう。

また、小説などはストーリーの辻褄と合わない文章や表現がないかも全体を通してチェックしましょう。

 

5 声に出して読んでみる

文章を声に出して読んで確認しましょう。

文字を目で追っているだけでは気づかないような読みにくさ、言い回しのくどさや句読点の位置などに違和感や気になる箇所が出てくるかもしれません。
全体の文章の大きな流れやテンポよく読めるかどうかなど、文のリズムをつかむことができます。

 

6 他人に読んでもらう

知らない人のブログを読んでいると、文章には読みやすいもの、読みにくいものがあると気付きませんか?

言葉の使い方や文法の間違い、読みにくい漢字が多発しているなど、書いている本人は気づいていないことが多いのです。

特に、趣味や専門性が高い内容は、その世界がわかる人にしか理解できないような単語や言い回しが多用されがちです。
多くの読者が理解し、共感して伝わる表現を心がけたいものです。

そこで、他人に読んでもらうことで、自分では当たり前と思っている意外なことを指摘してもらえるかもしれません。
その時はぜひ、読者が理解できる言葉や表現に置き換えてみましょう。

もし、完成後に誤りが見つかったら

何度も見直して、一文字一文字目を光らせて読み込み、時間をかけて校正した原稿を印刷製本して出来上がった本や冊子でも、どうしても何かしらの誤りはつきものです。

ときが経って確認した事実に変化があることもあります。

 
もし、完成し出版・販売した後に誤りや修正点を見つけたら、以下のような対応があります。

1.正誤表を本・冊子に挟む
読者の手元に届くまでに間に合う場合は、正誤表を挟んで対処します

2.ウェブサイトに訂正情報を掲載する
出版社や著者のウェブサイト、SNSで正誤情報や訂正記事を掲載します。

3.増刷・増版で修正する
1.と2.で当面の対応とはなりますが、行く行くは増刷・増版のタイミングで修正をします。
初版がコレクションの対象となりやすいのも誤りが多くなりがちで、ある種希少性が増すからと言えます。
参考記事:重版と増刷

 

今回ご紹介したような校正の方法で、誤りは限りなく少なくすることができます。
じっくりと取り組んで、よりよい作品に仕上げていきましょう。

 
イシダ印刷は正確で読みやすい本作りができるよう印刷製本を通してお手伝いさせていただいております。

入稿データ作成代行サービスでは、文字入力から原稿データの作成、校正やデータチェックまでを専任の担当者がサポートいたします。

冊子印刷のご質問やご相談など、お気軽にご連絡お待ちしております。


プロと一緒に プロにまかせて【入稿データ作成代行サービス】

自分史や会報、写真集などの本・冊子の入稿データ作成を文字入力から承っております。
お客様は本が届くまで待っているだけ!
「データの作り方がわからない」「時間がない」を経験豊富なDTPデザイナーと専任アドバイザーが、まるごと解決します。 詳しくはこちらのページをご覧ください。



「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→

印刷・製本の価格について

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

  • 報告書・資料

    1冊あたり95円~

    報告書・資料の印刷・製本

    表紙:上質110K
    本文:上質 70K
    表紙 モノクロ
    本文 モノクロ

    1冊あたり 95円~
  • テキスト・問題集

    1冊あたり381円~

    テキスト・問題集の印刷・製本

    表紙:コート135K
    本文:上質90K
    表紙 片面カラー
    本文 モノクロ・カラー混在

    1冊あたり 381円~
  • 学位論文・論文集

    1冊あたり590円~

    学位論文・論文集の印刷・製本

    表紙:コート110K
    本文:書籍72.5K
    表紙 片面モノクロ
    本文 モノクロ

    1冊あたり 590円~
  • 作品集・画集

    1冊あたり129円~

    作品集・画集の印刷・製本

    表紙:アートポスト180K
    本文:上質 70K
    表紙 カラー
    本文 モノクロ

    1冊あたり 129円~
  • 記念誌

    1冊あたり569円~

    記念誌の印刷・製本

    表紙:マットコート180K
    本文:上質 70K
    表紙 カラー
    本文 モノクロ/カラー混在

    1冊あたり 569円~
  • マニュアル

    1冊あたり56円~

    マニュアルの印刷・製本

    表紙:色上質特厚口
    本文:上質 70K
    表紙 モノクロ
    本文 モノクロ

    1冊あたり 56円~
  • 小説・自費出版

    1冊あたり741円~

    小説・自費出版の印刷・製本

    表紙:アートポスト160K
    本文:上質 書籍72.5
    表紙 カラー片面
    本文 モノクロ

    1冊あたり 741円~
  • 俳句集・歌集

    1冊あたり579円~

    俳句集・歌集の印刷・製本

    表紙:色上質最厚口
    本文:書籍55K
    表紙 モノクロ
    本文 モノクロ

    1冊あたり 579円~
  • 自分史

    1冊あたり954円~

    自分史の印刷・製本

    表紙:マットコート180
    本文:上質90K
    表紙 モノクロ
    本文 モノクロカラー混在

    1冊あたり 954円~
  • 文芸誌

    1冊あたり591円~

    文芸誌の印刷・製本

    表紙:色上質特厚口
    本文:上質 書籍72.5K
    表紙 モノクロ
    本文 モノクロ

    1冊あたり 591円~
  • 卒業アルバム

    1冊あたり599円~

    卒園・卒業アルバムの印刷・製本

    表紙:アートポスト180K
    本文:マットコート135K
    表紙 カラー両面
    本文 カラー

    1冊あたり 599円~
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

その冊子、イシダなら???円で印刷!

その冊子、イシダなら???円で印刷!

【11月30日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから