株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

無線綴じでどれくらいのページ数を綴じることができるのか?

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

無線綴じは、本文のノド(綴じる方)に接着剤を塗って、表紙と圧着する製本方法です。構造上、ページ数に限界がある中綴じやリング製本と違って、大量ページを綴じられるのが魅力です。
では具体的にどのくらいのページ数を綴じることができるのか、検証していきましょう。

 

製本機械によってページ数が変わる

冊子製本に使う接着剤は通常の糊とは違って、薄くしっかりと紙を接着する、製本専用のものが使われます。理論上、糊をつければ無限に綴じることができます。しかし専用の製本機械を使用してページを圧着するので、実際は機械にセットできる枚数の限界によって綴じるページ数が限定されます。
家庭用の小型の機械もありますが、100ページ程度が限界です。印刷会社で使われている業務用の製本機械はもっと大型で、多くのページを綴じることができます。
イシダ印刷では800ページまで製本可能です。

 

イシダ印刷では800ページまで対応可能

イシダ印刷では、最大800ページ綴じることができます。書店に並んでいる小説単行本の一般的なページ数は大抵300~400程度なので、800ページは大著の部類といえるでしょう。
本が厚すぎると、読み手にとって重く不便なので、大抵の本は厚くなりすぎないように作られています。
辞書などは1000~2000ページありますが、辞書は厚さが出ないように特別に薄い紙で作られています。

では800ページはどのくらいの厚さになるのか?
背幅計算ツールで計算してみましょう。

 

背幅計算ツール

 

本文用紙を一般的な上質紙70K、表紙をコート紙135Kとすると、4センチ超えです。

背幅計算

 

上質紙より嵩高(繊維の密度が低くて柔らかい紙)のモンテシオンの場合は、約6センチです。

背幅計算

 

一般的な書籍と比べるとなかなか立派な厚みですが、持っていて苦になるほどの厚さではありません。
800ページの本は、手で持って読むのに苦労しないぎりぎりのページ数と言えるでしょう。

 

厚い本を作る時は輸送と保管に注意

厚い本を作る時にうっかり見落としがちなのが、輸送と保管です。当然ながら、厚さ40mmの本は、厚さ10mmの本の四分の一の冊数しか同じダンボールに入れられません。イベントでどこかに搬入する時や、各所に本を送りたい時など、輸送費用のことも留意しておきましょう。
また、保管も場所をとるので十分なスペースがあるのかどうかもよく確認しておきましょう。

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

 

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短4月25日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから