株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

無線綴じの魅力

冊子制作を依頼するなら、ぜひ試していただきたいのが無線綴じです。中綴じに比べるとコストは少しだけ上がりますが、丈夫で、ぴしっとした本格的な仕上がりにきっと満足するはずです。

分厚い本も自由自在に作れる

無線綴じ無線綴じと、針金で留める中綴じや平綴じとの大きな違いは、大量ページの冊子も綺麗に作れるところです。イシダ印刷では800ページまで対応できます。印刷所によっては、ページ数が多すぎる冊子の製作を渋ってしまうところもあるので、これは大きなメリットといえるでしょう。論文集、テキスト集、資料集など、ページ数が膨大になりそうな冊子は無線綴じにしましょう。

特に複数人で冊子を作る場合、最初にページ数を決めていても、いろいろな意見が入ってページ数が変動することがあります。無線綴じの場合、ページは2ページ単位で増やせるので、ページ数を合わせるために内容を削ったり、編集を工夫したりする手間がかかりません。また、ページ数の多い冊子の場合は、余白ページが出ても違和感がないので、どうしても原稿が奇数になってしまった場合は、きりのいい場所で白のページを入れましょう。書店に並んでいる文庫本なども、本文と奥付の間に数ページの白ページが入っているものがあります。

背を作る時の注意

無線綴じの魅力の一つである、背表紙。背にタイトルや著者名を入れるとぐっと本格的な印象になって、書棚に収納した時にも探しやすくなって便利です。もちろん、表紙の印刷代金は背のデザインがあってもなくても変わりません。

無線綴じは、重ねた紙の束をそのまま糊で固めるようなイメージなので、ページ数が多ければ多いほど背が広くなります。ページ数が少ない冊子でも厚みを出したい場合、厚い紙を使うこともあります。

背にタイトルや著者名、発行者などのデザインを入れたい場合は、背幅がどのくらいになるのか確認して作りましょう。背幅が3mm未満の場合は、文字を入れても読みづらく、表紙や裏表紙にはみ出てしまうので、背にデザインを入れないことが多いです。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから