株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

無線綴じ製本でつくる本 使い勝手の良さを詳しく解説

製本方法の一つの「無線綴じ」。
出版、商業誌でも一般的な無線綴じの特徴や、使い勝手の良さを解説します。

 

無線綴じとは?

無線綴じ(むせんとじ)とは、糸や針金を使わずに、本の背を特殊な糊で本文部分を固め、表紙でくるむ製本方法です。

binding_01

無線綴じの種類

無線綴じをさらに丈夫に改良したあじろ綴じ、中綴じ状の紙を複数冊重ねて背を糸で綴じた糸かがり綴じなどもあります。

いずれも背が平らで、小口がきれいに揃い、薄いパンフレットから分厚い辞書まで本格的な冊子、書籍に仕上がります。

 

無線綴じの主な特徴

  • 背表紙がある
  • 平らにそろった背と、角の立った直方体の仕上がり
  • 多ページの本、冊子でも製本できる
  • 教材や文庫本、週刊誌、ペーパーバックの洋書など多くの書籍の製本に選ばれている

 
他の製本方法の中綴じ製本はパンフレットや小冊子など40ページ程度までの冊子に適した方法で、ページ数が多すぎると針金で留められなくなり、ページが膨らんで不格好になりがちです。
無線綴じならページ数が多い冊子でも問題なく綺麗に製本できます。
イシダ印刷では4~800ページまで対応しています。

 
イシダ印刷 無線綴じの印刷製本 価格と仕様のご案内

取り扱いに便利な無線綴じの本

無線綴じは背も小口(本の開いた側の長辺部分)もすっきり平らな直方体の本に仕上がります。
平台に重ねた時も、本棚に並べた時もきれいに収まります。

 

資料集や論文集など、長期間保管し冊数が増えていく冊子には、背表紙ができる無線綴じでの印刷製本がおすすめです。
ページ数が少なく薄くても4~5mm以上の背幅があれば、背表紙にタイトルが印字できます。

 
背表紙にタイトルや、著者名、発行年などが記載されていれば、本を探したり整理するときに役立ちます。
本全体も本格的な印象になりますね。

無線綴じ製本は見栄えが良いだけでなく、扱いやすく丈夫な製本方法です。
もちろん、表紙の印刷料金は背表紙印刷の有無で変わりません。

整理しやすい無線綴じ冊子

背表紙は何ページからできる?背幅は何mm必要?【無線綴じ製本の背表紙】

 

背表紙データを作る時の注意点

1.背幅

背表紙にタイトルや著者名、発行年などのテキスト、あるいはデザインを入れたい場合は、背幅が何mmになるか確認して作りましょう。
背幅が3mm未満の場合は、文字を入れても読みづらく、表紙や裏表紙にはみ出てしまう可能性があるので避けた方がいいでしょう。

 

イシダ印刷では背幅計算ツールをご利用いただけます。
用紙とページ数、サイズを入力すると、背幅(mm)が自動で表示されます。

 

2.用紙

無線綴じはページ数が多ければ多いほど背幅が広く、分厚い本になります。
ページ数が少ないけれど厚みを出したい冊子には、厚い用紙を選ぶのもありです。

 

参考記事: 失敗しない背表紙の作り方(Illustrator、Photoshop、Word、かんたん作成ツール)

 

数百ページの分厚い本も問題なし

無線綴じと、針金で留める中綴じや平綴じとの大きな違いは、ページ数の多い冊子もきれいに製本できる点です。

 

論文集、テキスト集、資料集など、ページ数が膨大になりそうな冊子は無線綴じにしましょう。

特に複数の執筆者と合同で制作する冊子では、最初に合計ページ数を決めていても、校了までに内容の変更、加筆修正の過程でページ数の増減が度々起こります。

 
無線綴じの本文ページは2ページ単位で増減できます。
本文ページ数が規定されていなければ、帳尻を合わせるために内容を削ったり、工夫して編集に手間をかけずとも自由にページ数を変えられます。

 

無線綴じの本文が「奇数のページ数」になったら?

ページ数の多い冊子は、白ページ(白紙)が挿入してあっても違和感がありません。
本文ページ数の合計が最終的に奇数になってしまった場合は、きりのいい箇所で白ページを入れましょう。

書店に並んでいる文庫本も、本文と奥付の間に数ページの白ページが挿入されていることも珍しくありません。

分厚い本でも無線綴じなら大丈夫

印刷会社によっては多ページ冊子の受注を受けていない場合があります。注文・入稿前に対応ページ数を確認しましょう。
(イシダ印刷の無線綴じ製本は4~800ページの対応です)

イシダ印刷 無線綴じの印刷製本 価格と仕様のご案内

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!



「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短8月10日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから