株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

101部以上のオンデマンド印刷、値下げしました!

用途別に印刷用紙を使い分ける意味

用途別に印刷用紙を使い分ける意味印刷会社では様々な紙を扱っています。

同じような白い紙でも、用途によって使い分ける必要があります。

紙は白ければなんでもいいわけではない?

よほど印刷物や文具が好きな方でない限り、紙の種類には特に頓着せずに日々を過ごしていると思います。しかし一見似たような白いさらさらした紙でも、黄色がかった白、灰色がかった白、輝くような純白、よく見るとざらざらした質感、少しだけ表面に光沢がある、など色々な質感の紙が使い分けられています。ノートや手帳などに適した紙、カタログや会社案内に適した紙、ビジネス書類に適した紙、小説や同人誌に適した紙、どれも微妙に違います。

  • 発色が良く、カラー印刷をぱきっと鮮やかに表現できるコート紙もあれば、逆にふんわりと上品な風合いで表現できるナチュラルな紙もあります。
  • モノクロで文字を印刷する時も、地色が真っ白な場合とクリーム色の場合は全然違った見え方になります。

ビジネス用途におすすめ:上質紙

さらさらした質感で華美になりすぎない、プレーンで安価な紙です。

カタログや会社案内におすすめ:コート紙、マットコート紙

カラー写真やイラスト、鮮やかな濃い色の再現度はダントツ1位です。

小説におすすめ:書籍用紙

小説や同人誌、自分史など文芸の冊子を作る時にはクリーム色の地色がついた紙が適しています。

参考記事:書籍用紙、ホワイトコハクライト、ニューシフォンクリームの比較

厚みにも注意が必要

紙の厚みは種類によって微妙に違います。ほんの0コンマ数ミリの違いですが、手でページを捲った時の感覚が全然違います。紙の厚みは「連量」という単位が用いられていて、単位は「kg」または「K」で表現されます。これは全紙という大きな紙を1000枚重ねたときの重さを表しています。たとえばイシダ印刷の「上質70K」は、全紙を1000枚重ねたときに重さが70kgになるくらいの厚さの紙です。

70kg/使いやすさNO1の薄い紙

この連量は最も頻繁に目にするでしょう(紙の種類によって、72.5Kや75Kなど、微妙に違います)。所謂、コピー用紙の厚さです。ほんの少し裏移りしますが、捲りやすく、資料やテキストを印刷する時には最も一般的な厚さといえるでしょう。

90kg/少し重厚感の出る程よい厚み

70Kの約1.3倍の厚みということになります。コピー用紙よりはしっかりした印象だけれど、表紙用紙ほど分厚くはない、パンフレットや会社案内などでよく使われている紙です。40ページ未満の冊子は70Kで作るとぺらぺらした印象になるので、90Kを使ってみるといいでしょう。

110kg~135K/本文用紙としてはかなり厚めな印象

110K~135Kはポスター程度のしっかりした厚みで、本文で使われることはあまりないです。主に表紙用紙として使われます。本文として使われるとしたら、カレンダーや画集、絵本、楽譜などです。

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短12月6日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから